Home / ゆめのりょけんの日常 / 惰眠を貪っていました

Apr
28
2013

惰眠を貪っていました

1ヶ月のご無沙汰でした。
お久しぶりです、サーチライトです。
突然の更新停止状態になったので、不思議に思った方もいるかもしれません。
中には心配の声をかけていただいたりもして、ブロガーとしては冥利に尽きるというか。
今年からせっかく日常カテゴリーもあるわけですし、この失われた4月に何をしていたか、簡単にお話ししようと思います。

- スポンサードリンク -

だいたいこいつのせい

この1ヶ月、サーチライトが何をしていたかというと、ゲームをしていました。
なんか、突然ゲームしたくなることってありませんか?
今回は、ニコニコでたまたまワッホイ四万十シリーズを見たら、無性に箱庭ゲーがやりたくなりました。
とはいえ、サッカーはよくわからんので、今回選んだのは「ウイニングポスト5パワーアップキット(WP5PK)」。

WinningPost 5 with パワーアップキット
WinningPost 5 with パワーアップキット

ウイニングポストは、ゲームバランス的には6が一番と言われるんですけど、個人的には5が好きです。
バランスは十分とれてるし、秘書は松嶋菜々子だし、何より6だとサンデーもういないし。
そんなわけで、AmazonでWP5PKの中古品を買って、さっそくPCにインストール。
それ以来、仕事以外の時間はだいたいウイニングポスト、仕事中も配合を考えたりローテを考えたり。
こんな感じで、一度ゲームを始めると、サーチライトは寝食すら二の次になるので、いわんやブログをや。
完全にキングクリムゾン状態になってました。笑。

まあ、2011年の年末に著しく更新が滞ったのもMHP3に手を出したせいですし、「ゆめのりょけん」が止まっている時は、だいたいサーチライトがゲームやってる時だと思ってくれて差し支えありません。
とりあえず、物書きにとってゲームは大敵。
あの宮部みゆき先生がゲーム禁止になったのがよくわかりました。

需要はなくともWP5PK箱庭について

まあ、今さら需要はほとんどないでしょうけど、せっかくプレイしたので、今回のWP5PK箱庭についても少々。
本当は、ゆっくり実況動画でも作ろうかとも思ったんですけど、さすがにそんなネタも集中力もなかった。笑。

サーチライトはダビスタ出身の最強厨なので、基本的には蹂躙プレイです。
牧場はサンデーサイレンスの種付けのしやすさから早来に開設。
プレゼント馬は、芝ダート兼用で瞬発力と勝負根性に優れたレイニエ×ジェニュインとアイアンドーム×ダイナガリバーで、主に地方重賞を荒らして資金稼ぎ。
初年度の種付け前は、繁殖牝馬にメモリージャンプを購入して、5月にサンデーサイレンスを種付け。

メモリージャンプ×サンデーサイレンス

また、WP5PKは種牡馬を1頭登録できるので、架空マルゼンスキーをエディットして、アドバイザゴールドとスミススマコバに交配して牝馬を産ませておくと、次世代で役立ちます。
3年目にはもちろんタイガエレクトラムを購入して、ブライアンズタイムと交配。

今回は、メモリージャンプ×サンデーサイレンスで3年目に生まれた牡馬がめちゃくちゃ強くて、3歳時に牡馬三冠・JC・有馬記念、4歳時は高松宮記念→天皇賞(春)→安田記念→宝塚記念→スプリンターズS→天皇賞(秋)→マイルCSという王道ローテを完全制覇して、17戦17勝で種牡馬入りしました。
種牡馬入りした時の因子の付き方はランダムでどうにでもなるので、2日ほどかけて(青大)(黄小)(緑小)(赤小)に因子調整。
種牡馬入りしたら、いろんな系統の繁殖牝馬に種付けして、めぼしい産駒をデビューさせます。
WP5の海外G1は「追い込み」を指示すれば重賞クラスの馬でも適当に勝てるので、牝馬を中心に各系統2頭ずつG1を勝たせ、牝馬は頃合いを見て引退、牡馬は引退させずにそのまま休養させておきます。
こうして、他馬主の重賞勝ち繁殖牝馬も十分に増え、1~2頭の後継種牡馬が出始めたら、自分も休養させておいた牡馬をまとめて種牡馬入りさせ、翌年に系統を確立します。
こうした引退管理の甲斐もあって、新系統のニックス相手は、ニジンスキー系、レイズアネイティヴ系、トムフール系、ボールドルーラー系、リファール系、パーソロン系、ヌレイエフ系と、かなり恵まれました。

こうなると、もうトリプルニックスでやりたい放題なので、生まれる産駒はほとんどスピードS以上、虹もタヌキも柵越えも毎年の風物詩になるので、あとはサブパラメータに優れた産駒を選んで育てていけば、箱庭世界を完封できるでしょう。

スーパセル

ちなみにスーパーセルは、15年連続リーディング、産駒G1勝利数373勝。
産駒G1勝利数は、伸ばそうと思えばもっと伸ばせそうですが。
サンデーサイレンスは「旋風」でしたが、スーパーセルは名前の通り「超巨大竜巻」でした。

こうしてスーパーセル系が勢力を拡大しすぎた結果、どうやら許容種牡馬数を超えたらしく(現役種牡馬22頭くらい?)、米国三冠馬が引退して乗馬になるような末期的箱庭になったので、ようやくゲーム熱も一段落。
無事にリアルに戻ってくることができました。笑。

「ハローラフター」が可愛すぎて二次元行きたい

リアルに戻ってくることができたと言えば、もうひとつ。
今回のWP5プレイでは、生産馬にミクの曲名を付けていたこともあって、ネタ探しにニコニコにちょくちょく足を運んでいました。
そんな折に見つけたのが「ハローラフター」というボカロ曲。

サーチライトのミク厨ぶりは、このブログでもたびたび紹介しているとおりなのですが、だがしかし、この「ハローラフター」は、なんて言うかヤバイ。
これまでそっち方面には興味がないと思っていたが、何かに目覚めるような衝動、衝撃。
今、心の底から純粋に二次元に行きたいと思ったぜ!
そんな話をシュクルにしたら、すんごい目つきで見られました。
養豚場のブタを見るかのように冷たい目だ。
正真正銘ドン引きする瞬間というのを、初めて見た気がする。笑。

助言していたと思ったらいつのまにか自分で作る羽目になっていた

ところで、この1ヶ月、まったく生産的なことをしなかったかというと、実はそうでもありません。
シュクルは新年度を迎えて仕事に追われる日々を送っていたのですが、仕事で使う文書を格好良く仕上げたいというので、その手伝いをしました。
はっきり言うと、シュクルはその筋のセンスがなく、Wordもうまく使えないので、レイアウトから文章の言葉選びまで、あれこれアドバイスしたり、ダメ出ししたり。
とりあえず、サンプルを見せた方がわかりやすいだろうと、Wordでさくっとテンプレを作り、フォトショでちょこちょこと画像をいじり、私たちは似たような仕事をしているので、内容もだいたいこんな感じだろうと代筆したら......あれ、これもう完成品として提出していいんじゃね?
あ、ありのまま今起こった事を話すぜ!(以下略)
今回のトップ画像は、その時の副産物です。

失踪したりもしたけれど、私はげんきです

そんなわけで、1ヶ月ほど休みをもらう形になった「ゆめのりょけん」もそろそろ再開することにします。
折しも今日からゴールデンウィークですから、「ブログ強化合宿」と銘打って、5月からの新シリーズをがっつり書き溜めしたいと思います。
とりあえず、未完成のまま放置されていた西日本ラリー編は、失われた4月分にこっそりアップし完結させておくので、気になっていた方はご覧ください。
それでは、今後とも「ゆめのりょけん」をよろしく。

Winning Post 5 (スリムパッケージ版)
Winning Post 5  (スリムパッケージ版) ソースネクスト
おすすめ平均
stars光栄イカス!
stars懐かしい
stars最新作が...アレだし...
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top