Home / 北陸旅行記 / 和倉温泉街2時間散策ガイド

Jul
19
2013

和倉温泉街2時間散策ガイド

温泉旅行といえば、ぷらっと温泉街を歩くのが楽しいですよね。
最近は昔ながらの温泉街というのも少なくなりましたが、ここ和倉温泉の温泉街はなかなか賑やかです。
先を急ぐラリーストの身とはいえ、温泉でゆっくりしすぎた結果、どうせ計画変更はやむなしですから、夕方までに白山比咩神社に辿り着けば大勢に影響なし。
そこで、旅館のフロントでもらった和倉温泉散歩マップを片手に、2時間ダイジェストで温泉街を楽しんできました。

- スポンサードリンク -

和倉温泉の代名詞「加賀屋」

和倉温泉を代表する旅館といえば加賀屋です。
旅行記の冒頭でも紹介したように、「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で33年連続1位に選ばれ続ける最上級の温泉旅館。
もちろん、私たちも一応「じゃらん」でチェックしてみましたが...。
いやー、これは無理だわー、宿泊券でも当たらないと無理だわー。
【参考】加賀屋のクチコミと宿泊プラン(じゃらん)

和倉温泉・加賀屋

そんな超一流旅館の加賀屋さんは、高級料亭のような旅館をイメージしていましたが、どどーんとそびえ立つ大きなホテルでした。
ちなみに、この日は誰もが知っている大物国会議員の支援者勉強会が開かれていた模様。
さすが、ファーストクラス!
でも、そんな高級旅館だと、小市民の私たちじゃ恐縮してしまってくつろげないんじゃないかとも思ったり。
ゆめのりょけんでも、いつか宿泊記を紹介できる日が来るといいですねー(他力本願)。

和倉の源泉が湧く「湯元の広場」

そんな加賀屋の前には、小さな広場がありました。
ここは「湯元の広場」と呼ばれていて、その名の通り和倉温泉の源泉が湧き出ている広場です。
源泉の湧き出ているところにはカゴが置いてあり、ここに生たまごを入れて15分ほど待つと、ほんのり塩味のする温泉たまごが作れるとか。
生たまごは、すぐ近くの呉服店「いしざきや」で調達できるそうですよ。

あったかベンチ

もう一つ、この湯元の広場で発見した面白いものが「あったかベンチ」。
ベンチの下に温泉が流れていて、座るとお尻がぽかぽか温まります。
でもね、今日もすでに気温は30℃を超えていて、超暑いんですけど?
そもそも、普通のベンチの上でも、目玉焼きができそうなくらいアツアツなんですけど?
おそらく、今この瞬間最もいらないものじゃなかろうか。
むしろ、「ひんやりベンチ」をください。

「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」は楽園だった

湯元の広場のすぐそばには、スイーツ好きなら要チェックの「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」があります。
ここは七尾市出身のパティシエ・辻口博啓氏がプロデュースするカフェ&ミュージアム。
甘いものが何よりも癒しのシュクルは、「今回は癒しの納涼旅行だから!」と、さも当然であるかのように吸い込まれていきました。

ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ

店内のショウケースには、目も眩むばかりの美しいケーキの数々。
チョコレートが溶けないように、エアコンもぎんぎんに効いていて、ここは天国、ガンダーラ!
とはいえ、ショウケースの前で悶々と悩むシュクルの姿は、ある意味地獄絵巻だったわけですが。
その模様は、次の記事でシュクルが詳しく紹介します。

「能登ミルク」を飲んでみる

おしゃれなカフェで存分に癒された後は、ちょっとレトロな牛乳瓶で「能登ミルク」を飲んできました。
能登ミルクは、能登の限定4戸の酪農家が、飼料からこだわって育てた乳牛から搾った地乳です。
昔懐かしい牛乳の蓋開け棒でパコッと封を開けて、その場でごくごく。
むむむ、うまい!

能登ミルク

能登ミルクは、和倉温泉内の宿泊ホテルのフロントから注文すると、翌朝配達してくれるサービスもあるそうです。
アイスイーターとしては、能登ミルクを使用した「わくたまジェラート」にも興味があったのですが、この日は売り切れで残念。
「能登ミルク」と「わくたまジェラート」は、どちらも「ホリカワミルクショップ」で味わうことができます。

「能登島大橋ロードパーク」で砂浜体操

最後に、「水曜どうでしょう」ファンならぜひ立ち寄りたいのが、和倉温泉街から車で5分ほど離れたところにある「能登島大橋ロードパーク」。
ここは「試験に出る石川県」で、ロケ2日目に「砂浜体操」をしていた公園です。
もちろん、我々も安田君に倣って「潟湖!砂州!砂嘴!陸繋島~!」と砂浜体操を実演してきました。

能登島大橋ロードパーク

ちなみに、旅行記とはまったく関係ありませんが、うちの弟は安田君に似ています。笑。

和倉温泉から金沢へ

そんなわけで、宿は良かったし、温泉街めぐりも楽しかったし、すっかり気に入った和倉温泉。
今のところ、ゆめのりょけんイチオシの温泉地といってもいいですね。
この後は、国道159号で金沢まで2時間のドライブ。
そういえば、前回金沢に行った時、「今度はどこかに一泊して金沢観光したい」とか言ってたような。
今は能登有料自動車道も無料化したことですし、和倉温泉に一泊して金沢観光というのもなかなか魅力的な旅行案ですね。
できれば、今度は「あったかベンチ」が重宝するような時期に。笑。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top