Home / 甲信旅行記 / 萌木の村は女子旅におすすめ

Aug
31
2013

萌木の村は女子旅におすすめ

予想外の悪天候に、すっかり予定が狂ってしまった今回の清里旅行。
晴れ渡った爽やかな空の下、高原ならではのアクティビティを満喫するつもりが、そうした計画はすべて翌日の天気が回復するのを祈りつつ、お預けになってしまいました。
そこで、雨でも楽しめる観光スポットとして、向かったのはJR清里駅近くにある「萌木の村」。
森の自然いっぱいの中に、たくさんの個性的なショップが集まったメルヘンチックなナチュラルリゾートです。

- スポンサードリンク -

気分はドイツの小さな村

入口を抜けると、木と緑がいっぱい。
雨が降っているせいか、空気全体が樹の香りです。
道を進むと、木組みのかわいらしい建物がたくさん並んでいて、気分はドイツの小さな村。

ドイツの村に来たみたい

このかわいい建物は、カフェだったり、雑貨屋さんだったり。
地元の食材を活かしたお店や、ナチュラルカントリー系のお店が多くて、輸入雑貨も豊富。
一軒一軒全部ゆっくり楽しみたいお店ばかりです。

森のメリーゴーラウンドでヤックルに乗ってみた

そんな中、真っ先に向かったのは、「空想の森」の奥にある「メリーゴーラウンドカフェ」。
名前の通り、カフェの隣にメリーゴーラウンドがあるんです。
メリーゴーラウンド大好きシュクルは、もちろん乗りたい、いや、乗らねば!

森の中のメリーゴーラウンド

よく見ると、普通のメリーゴーラウンドとちょっと違って、馬や馬車だけじゃなくて、熊とかニワトリとか。
「森の中だから野生的なのかしらん?」と思っていると、シュクルに朗報です!
「もののけ姫」を見るたびに「ヤックルに乗りたい」と思うシュクルの願いが通じたのか、ヤックルみたいなのがいる!

ヤックル発見!

メリーゴーラウンドに乗って、サーチライトにニコニコと手を振っていると、周りには「サヤカちゃーん、こっちむいて」とカメラを構えるパパ&ママたち...。
あれ? 大人で乗ってるの、私だけ?
おかしいな...。
みなさん、メリーゴーラウンドは子どもたちだけのものではありませんよっ!
もっとメリーゴーラウンドに乗りましょう。

メイフェアで懐中時計を買う

メリーゴーラウンドに乗ったあとは、そのまま丘を下りて雑貨と食品のお店「メイフェア」に入ってみます。

メイフェア

店内には、アンティークや作家もののベリーゲラ...じゃなくてテディベアや、第5ドールが使っていそうなイギリスの高級カップや、ペルシャの絹の絨毯といった高級品があるかと思えば、生活雑貨や時計・アクセサリーなど身近で手軽な物まで、たくさんの品揃え。

かわいい雑貨がいっぱい

シュクルはここで懐中時計を買いました。
猫の模様の布製のカバーとルーペが付いていて、お値段は2,100円とリーズナブルでした。

フェアリーテイルズの薔薇園で休憩

喉が渇いたので、カフェタイム。
オルゴール館の隣にある「フェアリーテイルズ」に行ってみます。
カウンターで注文した人だけが入れるガーデンカフェは、薔薇の園。
満開ではないものの、ちらほらと美しい薔薇が咲いていて、バラの香りも漂っています。

薔薇の香りに包まれるイングリッシュガーデン

しっとり雨に濡れた薔薇を眺めつつ食べるのは、バラのソフトクリーム。
バラの香りで優雅な気分になること間違いなし。
味は、結構さっぱりして、とっても美味しかった♪

ばらソフト

このガーデンカフェは、真紅とか翠星石とかがどこかに隠れていそうな雰囲気です。
次に行った時には、メニューにあったハーブティーも飲んでみたい。
ああ、ロマンチック。

ル・シャ・デ・ボワで発狂

バラのガーデンカフェで優雅な気分になったところで、また散策に繰り出すと、んんん、猫の店、発見!
名前は「ル・シャ・デ・ボワ」。
フランス語で「森の猫」という意味です。

ル・シャ・デ・ボア

もう、看板からして好みすぎる!
あっ、かわいい猫の置物!
あー、もうだめー。
ちょっとなにかがおかしくなった。
店に入る前から、興奮MAX。

かわいすぎる...

階段を上がると、ここはやばいです。
猫好きには危険エリアです。
かわいい猫のグッズがいっぱい!
ただかわいいだけじゃなくて、ちょっとひねりの効いたハイセンスな雑貨もたくさん。
猫好きらしいおばさん達のテンションがすごくて「これ、かわいいわあ」「これもいいわあ」と大はしゃぎ。
うんうん、わかるわかる。
猫好きなシュクル母も、ここに来たら多分1時間は居て、1万円くらい買い込むと思う。

かわいい猫がいっぱい

あああ、でも困るわあ。
どうしよう...?
黙って考え込んでいると、なんかサーチライトが「これなんか、どう?」とノーテンキに話しかけてきます。
「うーん、でも、これは似てるのをもう持ってるから...」
「じゃあ、これは? かわいいじゃん」
「うーん、これは飾るところが無いから...」
「ちぇ、なんだよ、いいと思って勧めてるのに、やる気ないなあ」
だーかーら-、私はホントはあれもこれもそれも買いたいのっ!
でも、おこづかいに限りがあるから迷ってるのっ!
サーチライトは黙っててっ!!!

デートに向きそうで向かない場所

なんだかんだで萌木の村の散策は2時間くらい。
緑や花がいっぱいで、かわいいお店もいっぱいで、カフェやレストランもあって、一見デートにぴったりの場所です。

女子旅でゆっくりしたい

しかし、思う。
正直、デート・スポットには向いてないです、ここ。
私はもっと他のお店もゆっくり見たかったし、お土産もゆっくり選びたかったし、ケーキも食べたかったし、メリーゴーラウンドもう一回乗りたかったのに、サーチライトは2時間でももう飽き飽きして、「早くしろよ」なオーラがありあり。
こんな感じで、きっと険悪なムードになると思うんですよ。
だから、正直、男はいらないです。
ここは女子同士で来るべき!(きっぱり)

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top