Home / 関東旅行記 / 初夏の房総半島ドライブラリー

Nov
16
2013

初夏の房総半島ドライブラリー

2013年のゴールデンウィークは、つつましくブログを書きながら過ごした私たち。
「ゴールデンウィークの旅行は割高だし、近場で遊んで爆アド」と言ってはみたものの、やっぱりどこかに出かけたい。
そんな折、5月20日の月曜日に2人の休みが重なって、日曜~月曜でどこかに行けるチャンスができました。
となれば、やっぱり全国一の宮めぐりでしょう!
今回目指したのは、あづま路の道の果てよりもなほ奥つ方、房総半島。
常陸国から下総国・上総国・安房国を巡って武蔵国へ。
房総半島をぐるりと一周、1泊2日のドライブラリーです。

- スポンサードリンク -

門出

今回の旅の出発も、例によって徹夜ドライブ。
夜中の1:00に車に乗り込んで、年ごろ遊び慣れつる新潟の自宅を出発です。
ドライブルートは、2008年に銚子に行った時のルート(新潟から銚子までの最適ルート)を踏襲し、磐越道と常磐道でまずは水戸を目指します。

日立のあたりでうっすら夜明け

磐越道と常磐道は、先の東日本大震災で大きな被害を受けたところですが、道路はすでに完全復旧していて、ドライブには何の支障もありません。
ただ、所々で立ち寄ったサービスエリアは、節電営業のために閑散としていて、往時の賑やかさを思い出して少し物寂しい気分になりました。
そうこうしながら、車は常磐道・日立南太田ICから国道6号線に入り、水戸からは国道51号線で鹿島を目指します。

「にんたまラーメン」が眠気覚ましにぴったり!

さて、もはや深夜のドライブは慣れっことはいえ、土曜日に仕事をしてきた後の徹夜ですから、5:00を過ぎるとさすがに眠くなってきます。
ていうか、朝日が昇ると眠くなるサーチライトの体内時計。
そこで、国道51号線沿いの「にんたまラーメン」で、眠気覚ましの朝食タイムです。

ゆにろーず旭店で目覚ましラーメン

この「にんたまラーメン」は、茨城県を中心にチェーン展開する「ゆにろーず」の名物ラーメン。
国道51号線沿いにもいくつか店舗があり、かつて銚子を訪れた際からずっと気になっていて、等身の薬師仏を作るほどではないですが、「いつか食べてみたい」と思っていたのです。

にんたまラーメン(醤油)

その念願の「にんたまラーメン」は、その名の通りニンニクの香るスープに煮卵が入ったラーメン。
スープには醤油・味噌・塩の3種類があり、今回は醤油スープで食べました。
ニンニクと背脂でコクのあるスープは、朝からスタミナ倍増、眠気覚ましにはぴったりです。
加えて、量もほどよく、お腹いっぱいで眠くなるようなこともありません。
駐車場にはたくさんの長距離トラックが停まっていましたが、これがトラックドライバーに愛されるのはよくわかる。
実によく考えられたラーメンでした。

初夏の房総半島ドライブラリーのもくじ

ラーメンで眠気覚ましを済ませた後は、そのまま国号51号線を進み、早朝6:00に鹿島に到着。
鹿島スタジアム前のセブンイレブンで、これからのドライブルートを確認したりして、旅の準備を整えます。

房総ラリーは鹿島スタジアムからスタート

どうやら今日は天気も良く、絶好のドライブ日和。
まずは常陸国一之宮・鹿島神宮に向かいます。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top