Home / 東海旅行記 / 尾張国一之宮・真清田神社に参拝

Feb
16
2014

尾張国一之宮・真清田神社に参拝

尾張国の一之宮は、愛知県一宮市に鎮座する真清田神社(ますみだじんじゃ)。
御祭神はアメノホアカリで、太陽神・農業神として崇敬されています。
旅行記の冒頭で説明したように、先行して名古屋入りしていたシュクルとは真清田神社の駐車場で待ち合わせ。
はるばる新潟から一睡もせず運転してやって来た真清田神社は、意外にも私たちと関わりのある神社でした。

- スポンサードリンク -

日本神話「天孫降臨」

真清田神社の主祭神・アメノホアカリ(天火明命)は、日本神話「天孫降臨」のエピソードと関係がある神様です。

「天孫降臨」
オオクニヌシが国譲りに同意したのを受け、アマテラスは実際に国を治めるため、自らの子孫を地上へと送ります。
最初に命令を受けたのはアマテラスの子・アメノオシホミミでしたが、地上に降りる準備をしている間に子が誕生したので、その子・ニニギを地上に降臨させることにしました。
ニニギは、アマテラスから鏡と剣と勾玉を授かり、「天岩戸隠れ」で活躍したオモイカネ・タヂカラオ・アメノイワトワケ・アメノコヤネ・アメノフトダマ・アメノウズメ・イシコリドメ・タマノオヤらとともに、地上に向かいます。
道中、旅の案内役にサルタヒコが現れ、その先導によってニニギ一行は無事に高千穂の地に降臨しました。

この天孫・ニニギは、アマテラスの子であるアメノオシホミミ(天忍穂耳命)と、ヨロズハタトヨアキヅシヒメ(萬幡豊秋津師比売命)との間に生まれた子で、そのニニギの兄にあたるのがアメノホアカリです。
古事記では特筆すべき活躍のないアメノホアカリですが、その出自や別名の多さから、実は重要な働きをした神様だったのではないかと考えられています。

真清田神社・正面参道

アメノホアカリは、古代から濃尾地方一円を支配していた尾張氏の氏神とされ、ここ真清田神社の発祥は紀元前700年(神武天皇33年)にまでさかのぼるそうです。
また、アメノホアカリの子であるアメノカグヤマ(天香山命)は、越後一之宮・彌彦神社の主祭神ですから、私たちにも縁のある神様です。

戦災から再興した神社

結婚式場の参集殿前にある参拝者駐車場から正面参道に回ると、石造りの一ノ鳥居と立派な楼門がお出迎え。

総檜造りの楼門

総檜造りで銅板葺きの楼門は、戦災の焼失から昭和36年に再興したものだそうですが、黒光りする姿はもっと古い歴史があるような印象を受けます。
左右に延びた翼廊も相まって、どっしりとした風格を感じる楼門でした。

真清田造りの社殿

楼門をくぐると、まっすぐ正面に社殿が鎮座しています。
この社殿も戦災の焼失から昭和32年に再興したもの。
木曽檜を使用した社殿は、拝殿・祭文殿・渡殿・本殿が連接した「真清田造り」と呼ばれる独特の配置をしています。
社殿の背後には鬱蒼とした森が広がっていて、この境内が町なかにあることを一瞬忘れそうになりました。

服織神社と一宮七夕祭り

真清田神社・本殿の右側には、服織神社(はとりじんじゃ)という摂社があります。
これは、アメノホアカリ・ニニギ兄弟の母であるヨロズハタトヨアキヅシヒメを祀った神社。

母神を祀った服織神社

真清田神社が鎮座する一宮市は、江戸時代の養蚕・綿作から繊維業が盛んな地域で、明治・大正期には毛織物を加えて「繊維の街」として発展します。
特に真清田神社の門前には、繊維を商う市や商店が連なり、非常に盛況だったようです。
こうした背景から、服織神社は「織物の神様」として信仰を集め、それが七夕の織姫と結びつくようになり、盛大な七夕祭が開かれるようになります。
近年では、七夕の織姫に因み、縁結びの神様としても人気があるそうです。

快晴の七五三日和

この日は11月16日の土曜日。
天気はすっきり晴れて、まさに七五三日和です。
休日の朝ということで、まだ参拝客もちらほらでしたが、これからたくさんの七五三参拝客が訪れるのでしょう。
社殿の前には、献菊の鉢が置かれたテントや、七五三の参拝客を迎えるための屋台がいくつも建ち、ゆったりと準備をしていました。
休日朝に特有の、こうした神社の雰囲気はいいですね。

献菊が展示された境内

最後に、今まさに窓口が開いたばかりの授与所で御朱印をいただいて、真清田神社の参拝も終了。
次なるチェックポイントを目指して、東海ラリーのスタートです。

尾張国一の宮・真清田神社に参拝

【まとめ】 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top