Home / 東海旅行記 / 志摩国一之宮・伊雑宮に参拝

Mar
06
2014

志摩国一之宮・伊雑宮に参拝

志摩国の一之宮は、三重県志摩市に鎮座する伊雜宮(いざわのみや)。
伊雑宮は、伊勢神宮・内宮(皇大神宮)の別宮で、内宮に所属する別宮の中でも、荒祭宮・月讀宮・瀧原宮に次ぐ順位とされています。
祭神は、天照坐皇大御神御魂(あまてらしますすめおおみかみのみたま)。
太陽神・アマテラスを思わせる美しい朝日の下での早朝参拝は、すがすがしいパワーに満ち溢れていました。

- スポンサードリンク -

神様の食を支える別宮

伊雑宮の創祀は、伊勢神宮・皇大神宮が鎮座した後、ヤマトヒメ(倭姫命)が神様に捧げる食べ物を採る「御贄地」を定めるために志摩を巡行した際、イザワトミ(伊佐波登美命)が奉迎して、宮を創建してアマテラスの御魂を祀ったのが始まりとされています。

伊雑宮の入口

伊勢神宮では数多くの祭事が執り行われますが、その祭事に欠かせないのが、神にお供えされる「神饌」。
伊勢神宮・外宮の祭神が、食物・穀物を司る女神・トヨウケ(豊受大神)であるように、伊勢神宮は「食」をとても大切にする神社です。
そして、志摩国は古来、穀物の代わりに海産物を納めることが定められた「御食国」であり、伊勢神宮の神饌を供給する特別な場所でした。
伊雑宮が伊勢国外で唯一の別宮とされたのは、それだけ伊勢神宮が志摩の海産物を重視していたからでしょう。

式年遷宮を行う正殿

伊雑宮の境内は、周囲がこんもりと木々に覆われ、辺りの集落とは明らかに異質の空間です。
入口の鳥居をくぐると手水舎と宿衛屋があり、参道を進むと神饌を調理する「忌火屋殿」が右手に現れ、さらに奥に進んで正殿に達します。

伊勢神宮にそっくりな正殿

伊雑宮の正殿は、「唯一神明造」という構造で、これは伊勢神宮・内宮の建築に準じたもの。
確かに、萱の屋根に、切妻造りの平入り、屋根に並ぶ千木鰹木は、写真で見る伊勢神宮とそっくりです。

式年遷宮先の古殿地

また、もうひとつ特筆すべきは、伊雑宮の正殿は現在でも式年遷宮を行っているという点です。
正殿の横には正殿と同じくらいの広さの空地(古殿地)があり、20年ごと交互に新しい社殿を造営するそうです。
2013年は伊勢神宮の式年遷宮が大いに話題になりましたが、これは内宮・外宮と、アマテラス・トヨウケ両神の荒魂を祀る2つの別宮の遷宮が執り行われたもので、残りの別宮はすべて2014年に遷御される予定です。
伊雑宮の次の式年遷宮も2014年。
この簡素で古びた風合いの社殿も、もうしばらくすると真新しい檜の白木の社殿に生まれ変わります。

磯辺の御神田

伊雑宮の境内の隣には、神事が行われる御料田があります。
この御料田では、日本三大田植祭に数えられる「磯辺の御神田」が毎年6月に行われ、この大祭は国の重要無形民俗文化財に指定されています。

「磯辺の御神田」が行われる御料田

御田植祭の日には、志摩の海女たちは海に入ることを禁忌とし、伊雑宮にお参りすることになっているそうです。
これは、この日に伊雑宮の使いである七匹の鮫が、的矢湾から川を遡って伊雑宮の大御田橋まで参拝に来るという言い伝えがあるから。
また、ある漁師が七匹の鮫の一匹を銛で殺してしまったため、その怒りを恐れて海に入らないという説もあります。

早朝参拝は心が震えるほどの神々しさ

こうして、最後に宿衛屋で御朱印をいただいて、伊雑宮の参拝も終了です。
日曜日の早朝だったこともあり、すぐに御朱印をいただけるか心配していたのですが、どうやら伊勢神宮の別宮は、神職が一日中交代で神様の近くに仕えているそうです。

アマテラスを思わせる朝日

伊雑宮は清楚・質素でありながら、言葉にできない存在感がありました。
境内にシャキッと張り詰める静謐で冷たい空気。
薄い朝靄がたちこめる中、オレンジ色の太陽の光線が木々の間から射し込み、その光を反射する正殿の金色の屋根。
うむ、間違いなくここには神が宿っている。
ふとシュクルを見ると、目を真っ赤にしながら鼻をすすっています。
びっくりして何があったのか尋ねると、「よくわからないけど涙が出てきたんだよう~」と、しばし涙腺崩壊。
まさに心が震えたんですね。
こうした体験ができたのも、早朝参拝なればこそ。
早朝参拝になったのは、旅の予定としては苦肉の策だったわけですが、実はそれも神様の導きだったのかもしれない。
そんなことを思いつつ、伊雑宮をあとにしました。

志摩国一の宮・伊雑宮に参拝

【まとめ】 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top