Home / 東海旅行記 / 遠江国一之宮・小國神社に参拝

Mar
18
2014

遠江国一之宮・小國神社に参拝

遠江国の一之宮は、静岡県周智郡森町に鎮座する小國神社(おくにじんじゃ)。
主祭神は、前回紹介した砥鹿神社と同じくオオナムチ(大己貴命)です。
オオナムチは「オオクニヌシ(大国主命)」とも呼ばれることから、本来なら「大國神社」とすべきところを、出雲大社に遠慮して「小國」と謙遜したのでしょう。
また、「小國」には「神を祀るきれいな場所・神聖な場所」という意味もあるそうです。
そんな小國神社が、今回の伊勢湾一周ラリー最後のチェックポイントです。

- スポンサードリンク -

オオナムチと因幡の白兎

オオナムチ=オオクニヌシは、「国づくりの神」として絶大な神徳を誇る神様です。
しかし、オオナムチは最初から国を支配するほどの力があったわけではありません。
「オオクニヌシの国づくり」は、有名な日本神話「因幡の白兎(稲羽の素兎)」から始まります。

「因幡の白兎」
因幡国に、ヤガミヒメという絶世の美女がいました。
オオナムチの兄弟神たちは、ヤガミヒメに求婚するため因幡に向かいます。
オオナムチは大きな袋を背負い、荷物持ちとして兄弟神に付き従いました。

兄弟神たちに遅れてオオナムチが気多の海辺にやってきたとき、毛を毟られて皮膚が真っ赤になった兎に出会います。
兎に理由を尋ねると、「隠岐からワニザメたちをそそのかして渡ってきたら、ワニザメたちの怒りに触れて毛を毟られてしまいました」「先に通りかかった兄弟神に相談したら、『海水を浴びて風に当たって乾かすように』と言われたので、その通りにしたら痛くて死にそうです」と泣いています。
親切なオオナムチは、「真水で体を洗い、蒲の穂を敷いて寝転がりなさい」と兎に教えました。
すると、兎の傷はすっかりよくなり、感謝した兎は「ヤガミヒメはあなたと結婚するでしょう」と予言します。
一足先に到着した兄弟神たちはヤガミヒメに求婚しましたが、ヤガミヒメは兎の予言どおり、オオナムチを結婚相手に選びました。

嫉妬に狂った兄弟神たちは、オオナムチを謀略にかけて殺してしまいます。
しかし、哀れに思った母神はカミムスビに頼んでオオナムチを生き返らせ、木国(紀伊国)のオオヤビコのもとへ逃がします。
兄弟神たちはオオナムチを追いかけますが、オオヤビコはオオナムチにスサノオを紹介し、オオナムチはスサノオが住む根堅州国へと向かいます。

オオクニヌシの国つくりのエピソードはまだまだ先が長いので、今回はここまでにしておきますが、このようにオオナムチは荷物持ちから始まった神様です。
小國神社の参道には、オオナムチと因幡の白兎を描いたかわいらしい絵由緒がありました。

かわいいオオナムチの絵由緒

オオナムチが医薬の神とされるのは、兎の傷を治療したことによるものでしょうし、縁結びの神様とされるのは、ヤガミヒメの結婚相手に選ばれたことからでしょう。
とはいえ、オオナムチのイケメンぶりが本領発揮するのは、これから先の話ですが。

参考 紀伊国一之宮まとめて参拝してきた

徳川家康と武田信玄の狭間で

参拝者駐車場から常夜灯の明かりがともる参道に入ると、例によって七五三の参拝客で大賑わいです。
参道の途中にある「事待池(ことまちいけ)」の前では、尺八のコンサートをしていました。
なぜか曲目はかぐや姫やユーミンなど、フォークやニューミュージックでしたけど。

赤い橋が印象的な事待池

「事待」というのは、願い事が思いのまま叶うのを待つという意味。
小國神社で願掛けして心願成就すると、この池に鯉を放つ慣わしがあったそうです。
池にはたくさんの鯉の姿がゆらゆらと。
みんな心願成就した証なんでしょうか?

明るくひらけた拝殿前

薄暗い参道から、明るくひらけた拝殿前へ。
総檜造りの社殿は、どっしりとした風格を感じます。
社殿の前には、立派な舞殿もありました。
由緒によれば、小國神社は戦国時代に徳川・武田の争いに巻き込まれたそうです。
徳川氏の目代・武藤刑部氏定が、徳川を裏切り武田信玄に味方して武田の軍勢を招きいれた時、神主の小國豊前重勝が霊夢を見て、徳川家康に訴えました。
怒った家康は、御神霊を別の場所に遷し、戦勝祈願した後、社殿をすべて焼き払います。
その後、勝利した家康によって再び社殿が造られ、それから徳川家によって篤く崇敬されたそうです。
今こうして立派な神社があるのも、そのとき神主が見た霊夢のおかげかもしれませんね。

宮川は絶好の紅葉スポット

小國神社は、桜の名所・紅葉の名所としても有名です。
境内の脇を流れる「宮川」という清流沿いには散策路が整備されていて、川にかかる赤い橋は絶好の写真スポットになっています。

紅葉はまだ色づき始め

まだ紅葉の見頃には少し早かったものの、橋にかかる部分が色づき始めていて、美しいグラデーションになっていました。
小國神社の季節の便りによると、紅葉の見頃は11月23日前後。
赤い橋の周辺はライトアップもされるようです。

残すは畿内・山陰・九州・離島

こうして、今回の一之宮めぐりの旅も、予定していた6社すべてに参拝することができました。
ゆめのりょけんの一之宮めぐりマップも、順調に色が塗られて残すはあと27ヶ国。
次はどこを目指すか......まあ、もう参拝旅行そのものは済ませてあるんですけど。
新しい参拝旅行記は、5~6月に更新予定。
今年のゴールデンウィークこそブログ合宿をがんばって、よていどおりこうしんするんだ

遠江国一の宮・小國神社に参拝

まとめ 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top