Home / 新潟歳時記 / エヴァンゲリオン展@新潟に行ってみた

Mar
31
2014

エヴァンゲリオン展@新潟に行ってみた

ようやく、新潟で開催中の「エヴァンゲリオン展」を見てきました。
このブログでも何度かカミングアウトしているように、私はアヤナミストですから、ずっと行きたいと思っていたわけです。
今回のエヴァンゲリオン展は、劇場版完結編となる第4部「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に先立って開催されている作品展。
2013年8月の東京を皮切りに、福岡、新潟、名古屋、大阪、横浜、香川、山口、そして2015年2月の熊本まで、全国9会場を巡回します。
新潟会場は、2014年2月15日から4月20日まで「新潟市マンガ・アニメ情報館」で開催中。
今回は、「エヴァンゲリオン展@新潟」の見どころをレポートします。

- スポンサードリンク -

新潟市マンガ・アニメ情報館

会場の「新潟市マンガ・アニメ情報館」は、2013年5月に万代ビルボードプレイス2にオープンした施設です。
新潟県は、数多くのマンガ家やアニメクリエーターのふるさと。
エヴァとの関係でいえば、「新劇場版」の監督・鶴巻和哉氏が、新潟県五泉市の出身です。
そうしたことから、新潟市は「マンガ・アニメのまち」というコンセプトを掲げていて、その中心的施設としてオープンしたのが、このマンガ・アニメ情報館です。

新潟市マンガ・アニメ情報館

常設展示場では、新潟ゆかりのマンガ家・アニメーターの紹介のほかに、人気キャラクターと遊べる視聴覚コーナー、マンガ・アニメの製作・声優体験コーナーなど、体験型アトラクションでマンガやアニメへの理解を深めることができます。

エヴァンゲリオン展@新潟

エヴァンゲリオン展の入場料は1,000円。
入口前の券売機でチケットを購入します。
展示場内は写真撮影禁止ですが、入口前に等身大の初号機があり、そこでは写真を撮ることができます。
こうした一角があるだけで来場した達成感を味わうことができるので、これは良心的ですね。
ぜひ全国の美術館も参考にしてほしい。

等身大の初号機がお出迎え

この日の来場者はまずまず盛況で、大学・専門学校生が中心でしたが、中高生から中年層までかなり幅広い年齢層で、男女の比率もほぼ同じくらい。
まさに老若男女という印象でした。
カップルはあまりいなくて、単身で鑑賞している人が多いというのも特徴でしょうか。
一人でぶらっと訪れても、まったく違和感のない空間です。

展示の内容は、「1:エヴァンゲリオンの歴史」「2:エヴァンゲリオンができるまで」「3:エヴァンゲリオンの設定」「4:原画で観る『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』」と、大きく4つのフロアに分かれています。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE特に圧巻だったのは「2:エヴァンゲリオンができるまで」。
「新劇場版:破」の第8使徒との戦闘シーンを例に、その製作過程を紹介しているのですが、画コンテに始まり、ラフスケッチ、CG、背景を描くためのミニチュア模型、修正原画などなど、そのシーンを完成させるために必要だった資料が壁面に張り巡らされていて、その膨大さには驚くばかり。
そして、フロアの最後で上映されている完成シーンを見た時には感動すら覚えました。
そりゃあね、数分のシーンを描くだけでもこの量なんだから、劇場公開までに2年とか3年とかかかるわけだよ。
個人的には「新劇場版:破」がエヴァ史上最高傑作だと思っているわけですが、そういう人はぜひ見ておきたい展示です。

エヴァンゲリオン展スタンプラリー

特別展フロアを一回りして常設展フロアに向かう途中に、スタンプ台が置いてありました。
これは、エヴァンゲリオン展の開催を記念したスタンプラリーのひとつ。

マンガ・アニメ情報館は綾波スタンプ

開催期間中に3つのスタンプすべてを集めると、特製のポストカードがもらえます。
この特製ポストカード、ゲンドウの上に雪が積もっていたり、参号機の背景が萬代橋だったり、新潟ならではのご当地ポストカードになっています。
これはラリーストの心をくすぐりますね。
残り2つのスタンプは、古町にある「新潟市マンガの家」と、東大通の「アニメイト新潟」に設置されています。

EVANGELION STOREで限定グッズを購入

マンガ・アニメ情報館の前には「EVANGELION STORE」が出張して、グッズショップになっていました。
扱っているグッズの種類はかなり豊富で、エヴァンゲリオン展の限定グッズも充実しています。

EVANGELION STORE in Niigata

で、限定グッズという言葉に誘惑されて買ってしまったのが、「エヴァ展限定アヤナミレイ(仮称)フィギュア」。
これは、フロアに展示されていた等身大アヤナミレイ(仮称)の縮小版。

エヴァ展限定アヤナミレイ(仮称)フィギュア

3,150円もしたけど、アヤナミストだから仕方ない。

EVA CAFEで限定メニューを食す

ビルボードプレイス2を出ると、向かいのビルボードプレイスの「BP CAFE」が、「EVA CAFE」になっていました。
これはエヴァ展との期間限定コラボ企画で、もちろん限定メニューも扱っています。
「EVANGELION STORE」でフィギュアを買ったら飲食料5%割引券がもらえたことですし、せっかくなので寄ってみました。

EVA CAFE

EVA CAFE限定メニューは、「NERVチキンベーコンバーガー」「アスカのナポリタン」「ハニーブレッド Ver. NERV」の3品。
この中から、「NERVチキンベーコンバーガー」をオーダーしました。
単品990円を100円プラスでドリンク付きに。

NERVチキンベーコンバーガー

「ネルフスタッフの定番メニュー」というキャッチコピーでしたけど、パンズにNERVロゴの焼印があるほかは、特にネルフらしさもありません。笑。
ただ、普通のメニューとして見れば、チキンがやわらかくてトマトとタルタルソースがジューシーな美味しいバーガーです。
付け合せのポテトも大量で、かなりお腹いっぱいになりました。

当日もらったペーパーアイテム

限定メニューを食べると、会計時にEVA×BPのオリジナルコースターがもらえます。

新潟会場は4月20日まで

そんなわけで、エヴァンゲリオン展そのものは1時間くらいで一回りだと思いますが、イベントやコラボ企画も満載だったので、なんだかんだで半日ほど遊んできました。
他にも「世界セイフク計画」や「万代シティの名物カレー」など、今回紹介しきれなかったコラボ企画もたくさんあります。
感想としては、力のこもった良い企画展だったと思いますね。
TV版でも劇場版でも、エヴァを見たことがある人なら普通に楽しめると思うので、新潟会場の開催期間は残り半月ほどですが、ぜひ足を運んでみてください。
では、これから「新劇場版:破」を見ますノシ

【関連記事】 箱根補完マップで第3新東京市聖地巡礼 - ゆめのりょけん

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top