Home / 東京旅行記 / 女性専用カプセルホテル「魚眠荘」で東京滞在

Apr
14
2014

女性専用カプセルホテル「魚眠荘」で東京滞在

世界フィギュア選手権は、女子ショートと女子フリーの間に中1日の間隔があります。
そのため、ショートとフリーの両方を観るためには、宿を確保しなければなりません。
フィギュアの高額チケットのせいでお金もないし、2泊しなければならないため、普通のホテルに泊まるのはかなり厳しい。
ビジネスホテルでも、2泊すれば1万円を超えちゃうし...。
そこで探してみたのが、安さでは定評のあるカプセルホテル。
実は、外国人に日本のカプセルホテルが人気と聞いて、前から泊まってみたかったのです。
そして見つけました、女性が泊まれるカプセルホテル!
興味津々、初めてのカプセルホテルをレポートします。

- スポンサードリンク -

カプセルホテルは男性専用ばかり

ちょっとびっくりしたのが、カプセルホテルに泊まってみたいと思ってネットで探してみたところ、場所や値段で良さそうなところは全部男性専用だということ。
ていうか、そもそも、女性が泊まれるカプセルホテルが全然ありません。
確かに、出張で泊まりにきたり、飲み会で終電がなくなって泊まったりするサラリーマンがメインターゲットでしょうから、それもわからなくはないけど、それにしても、無い。
うーん、困った。
そんな中、じゃらんnetで見つけたのは、浅草にある「ホテルニュー魚眠荘」。
カプセルホテルには珍しく、女性専用フロアがあるんです。
これは、行くしかない!

立地は最高

ホテルニュー魚眠荘は、東京メトロ銀座線、都営浅草線、東部伊勢崎線の浅草駅から徒歩1分、江戸通りと雷門通りの交差点すぐそばにあります。
浅草は、東京・上野・渋谷・新宿・銀座・六本木など、どこへ行くにもアクセスがいいので、東京滞在には最高の場所。

夜のスカイツリー

隅田川にかかる吾妻橋のたもとにあって、スカイツリーも近くに見えます。
魚眠荘の男性用浴室からは、ライトアップされたスカイツリーも見えますよ(女子風呂からは見えないけど)。

夜の雷門にも観光客

女子ショートが終わってからだったので、到着したのは夜11時近くでしたが、浅草寺雷門まで徒歩5分と観光名所に近いせいか、通りは明るく、こんな時間でも観光客の姿がちらほら。
雷門のすぐ脇に交番がありますし、危なげな雰囲気はありません。
コンビニも、雷門の近くまで行けば数軒あるので、買出しも楽々です。
【関連記事】 浅草・浅草寺で外国人観光客に混じってお花見

カプセルホテルのシステムと設備

まずは、フロントでチェックイン。
フロントは24時間対応です。
名前を言って、キーをもらいます。
このキーは、部屋ではなくて、荷物を入れるロッカーの鍵。
おもしろいのは、ここで靴を脱いで、スリッパに履き替えること。
靴ロッカーに靴を入れて、その鍵はフロントに預けます。
外出するときには、部屋番号を言って靴ロッカーのキーをもらうという仕組み。
たぶん、知らない人が勝手に出入りするのを避けるためでしょう。
これだと、絶対フロントを通らないと部屋に行けませんから。
そういう意味では、手間がかかるというより、むしろ安心ですね。

24時間対応フロント

女性専用カプセルホテルのフロアは7階。
専用ドアをあけると、ロッカールームになっていて、フロントでもらったキーで自分用のロッカーを開けて使います。
すごく細長いロッカーですが、ボストンバッグくらいならなんとか入ります。

洋服とボストンバッグが入るくらいのロッカー

中にはパジャマとタオルが入っています。
結構厚手で、ズボンは膝丈くらい。
正直、もっとぺらぺらの膝丈ガウンくらいのちゃちなものを想像していたので、こんなにちゃんとしたパジャマなのは感激。
タオルもバスタオルとフェイスタオルの2枚で、連泊でも交換してくれます。

タオルとパジャマつき

洗面所とトイレは共有。
洗面所には、洗濯機とドライヤーもついています。

ドライヤーと洗濯機もある

部屋に入ると、仕切られたベッドがずらっとならんでいます。
おお! これこれ! 
ネットで見たカプセルホテルそのままだわ!

カプセルがずらっと並んでいます

ロッカーのナンバーと同じカプセルが自分のベッド。
中には、テレビやアラーム、照明があり、調節できるようになってます。
扉はなくて、布のパーテーションみたいな仕切りがあります。
外からは見えませんが、遮音性は全然なし。
音は筒抜けなので、寝るときに物音が気になる人は、ちょっとつらいかも。
でも、みんなどうして音がしないんだろうと不思議なくらい静かで、逆にこちらが迷惑にならないように注意しながらの宿泊でした。

寝心地はなかなかgood

お風呂は9階にあって、ちゃんと大きな湯船に浸かれます。
浴室はそんなに広くはないものの、シャワーは4つか5つあって、シャンプーやリンスも置いてあります。
じゃらんのクチコミなどにあるように、ホースが黒ずんでいたりとか、マットが新しくないとか、まあ、ものすごく清潔でピカピカではありません。
が、温泉旅館でもないんだし、湯船に浸かれて、シャワー使えるだけで十分なんじゃないかと思います。

共有ラウンジ

2階には、共有のラウンジがあり、販売機ではカップラーメンも売っています。
大きな荷物用のコインロッカーもあるので、スーツケースみたいなのは、こちらに置けます。
パソコンも置いてありますが、ネットは有料で、10分100円。
スマホがあれば、あまり必要ないかもしれません。
かなり充実した設備ですが、難点を言うなら、カプセルの中にコンセントがないので、スマホの充電が出来ないこと。
部屋の入り口と洗面所にいくつかコンセントがあるので、みんなそこで充電してました。

周辺おすすめグルメ

観光地にあるホテルなので、昼間なら、雷門界隈の美味しい店がいろいろあります。
ホテルの目の前には、松屋やラーメン屋「浅草隊」、蕎麦屋などがあり、バーガーキングもすぐ近くなので、安く手軽に済ませたい場合には便利。
その中で、シュクルおすすめは、江戸通りと雷門通りの交差点にある、ケバブサンドのお店「サライケバブ」。

浅草名物サライケバブ

夜11時半くらいに行ったら、トルコ人のおじさんが愛想よく応対してくれました。
種類もたくさんあって、ソースもいろいろ選べます。
一番スタンダードのケバブサンドMサイズ500円を注文したら、ジュースをサービスしてもらいました。

陽気なおじさんと美味しいケバブサンド

ソースの味が濃厚で、これはやみつきになりそう。
パリで食べたリル・ド・クレットのより美味しかった。
また行ったら、絶対食べよう。

1泊2日9,400円パック完成

こうして、初のカプセルホテルは、予想以上に快適でした。
気になるお値段は、平日が1泊2,200円、金曜・土曜が3,000円。
高速バスが片道3,600円ということは、なんということでしょう! トータル9,400円で東京1泊旅行ができる!
これは、大発見!
今よりもっと気軽に東京に行けるようになりそうです♪
しかも今回は、サーチライトから期限切れ間近のリクルートポイントを1,000円分もらったので、さらにお安くなりました。ぐう聖!
正直、気に入りすぎて、あまり人には教えたくない宿なんですけど、これも旅行記ブロガーの宿命。
みなさんも貧乏旅行のときは利用してみてください。

ホテルニュー魚眠荘
〒111-0034 東京都台東区雷門2-20-4
アクセス 地下鉄・銀座線 浅草駅4番出口より徒歩1分
ホテルニュー魚眠荘のクチコミと宿泊プラン(じゃらん)

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top