Home / 東京旅行記 / 六本木・ぶどう酒食堂さくらでイタリアンランチ

Apr
25
2014

六本木・ぶどう酒食堂さくらでイタリアンランチ

世界フィギュア観戦のため、久しぶりに上京したシュクル。
今回はサーチライトがいない一人旅だったので、学生時代の友人と久しぶりのランチをすることになりました。
都内在住の友人が予約してくれたのは、六本木にある人気のイタリアンレストラン「ぶどう酒食堂さくら」。
とってもおしゃれで美味しくて、そしてリーズナブルなレストランで楽しいひとときを過ごしてきました。

- スポンサードリンク -

ワインショップ併設のカジュアルイタリアン

ぶどう酒食堂さくらは、東京メトロ日比谷線・六本木駅から徒歩3分、三井住友銀行六本木ビルの裏側にあります。
ワインショップが併設されていて、ワインの数は約1,000種という豊富さ。
レストランは、「食堂」という名の通り、気軽に立ち寄れるカジュアルイタリアンで、自家製にこだわった素材重視のメニューが並びます。
お店の中は、おしゃれな雰囲気で、店員さんがとっても愛想がよくていい感じ。
人気店らしく、人がいっぱいでにぎわっています。

カジュアルでおしゃれ

本格派のランチコース

ランチメニューは、さくらプレートランチや一日限定10食の特製煮込みハンバーグランチなど、美味しそうなものがいっぱい。
目移りしちゃうけど、せっかくなので、ちょっと贅沢にコース料理にすることにしました。
前菜・パスタ・デザートの「つぼみコース」です。
それぞれ、何種類かの中から選ぶプリフィクススタイル。
まずは、前菜は、本日のカルパッチョ。

鯛のカルパッチョにたっぷりの朝摘み三浦野菜

野菜がしゃきしゃきですごく美味しい!
鯛は厚めに切ってあって、鯛の甘みが堪能できます。
カルパッチョのソースはマイルドで、鯛の風味とよく合ってました。

子羊と菜の花のパスタ白ワイン風味

パスタは、子羊と菜の花の白ワイン風味。
聞いたことない組み合わせ。
どんな味がするんだろう?
ソースは、予想していたよりずっと上品で控えめな味で、肉がとっても柔らかくて、噛むと旨みがじわ~っと口に広がります。
菜の花がアクセントになって、子羊独特の肉の香りとのマッチングが美味しい。
パスタはショートパスタで、生パスタのもっちりした食感が子羊の肉とぴったりで、見た目よりボリュームのある食べ応えでした。

デザートのティラミスとジェラート

デザートは、ティラミスをチョイス。
ティラミスは、はずれのない美味しさでしたが、一緒についていたラズベリーのジェラートが、すごくフルーティーで美味しかった。

コスパ最高

最初は、前菜とパスタだけだと足りないかなと思っていたのですが、結構お腹いっぱい。
素材重視と謳っているのも納得の美味しさで、カジュアルとは言いながら、普段なかなか食べられない本格派のイタリアンをいただきました。
つぼみコースの値段は、ドリンクもついて1,600円で、生パスタにするとプラス100円。
六本木のレストランでこの内容なら、かなりコストパフォーマンスがいいのではないでしょうか。
この他に主菜がつく「満開コース」2,400円、前菜・主菜・デザートの「開花コース」1,900円があります。
友人たちとのガールズトークも楽しくて、大満足。
とっても美味しかったので、今度は夜に行きたいと思うシュクルでした。

世界選手権で浅田真央ちゃんを応援してきたに戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top