Home / 近畿旅行記 / 摂津国一之宮「住吉大社」に参拝

Jul
20
2014

摂津国一之宮「住吉大社」に参拝

大阪には三つの一之宮があります。
河内国・枚岡神社、和泉国・大鳥大社に続く大阪の一之宮めぐり第三番目は、摂津国一之宮・住吉大社。
全国の住吉系神社の総本社で、初詣には250万人が参拝に訪れるという全国屈指の人気神社です。
地元の人からは、親しみをこめて「住吉さん(すみよっさん)」と呼ばれる住吉大社で、心のお洗濯をしてきました。

- スポンサードリンク -

「住吉さん」は3人の男

住吉神社の祭神は、住吉三神。
住吉三神とは、ソコツツノオノミコト(底筒男命)、ナカツツノオノミコト(中筒男命)、ウワツツノオノミコト(表筒男命)。
イザナミの死後、黄泉の国から帰ったイザナギが、海で汚れを洗い清めるための禊(みそぎ)を行った時に生まれた神様です。

住吉大社の境内へ

そんな誕生のエピソードを持つ「住吉さん」は、禊祓の神・海の神・航海の神。
そういえば「源氏物語」にも、光源氏が嵐を鎮めるために住吉の神に祈る場面があります。
平安時代から、海の神として信仰されていたんですね。

反橋で穢れを祓う

境内に入ると、まず目に付くのが大きな橋。
どーんとそびえる丸い橋は、「反橋(そりはし)」と呼ばれる太鼓橋です。
神社ではときどきこういう太鼓橋は見ますが、大抵はもっと小さくて、渡るのは禁止になっている場合が多いように思います。
ここでは、ものすごく巨大な橋で、これを渡って行ってもOK。
というか、渡らないとお参りできない感じです。

そそりたつ壁のような反橋

この橋を渡るのは、神さまに近づくのに罪や穢 (けが) れを祓 (はら) い清めるためだそうです。
アスレチックみたいで、「渡る」というより、「登る」。
神社って、厳粛な気分になることが多いんですが、これはなんだかワクワクしてしまいます。
こんなワクワクで、穢れは祓い清められるんだろうか?

神功皇后の三韓征伐

住吉大社の成り立ちは、1800年前に遡ります。
第十四代・仲哀天皇の后である神功皇后は、住吉の神の託宣によって新羅に出征します。
軍船を率いての海の旅は、住吉三神の御加護で無事に終わり、日本に凱旋した神功皇后が、住吉三神に感謝して祭ったのが、この住吉大社の起源です。

神功皇后にちなんだ兎の手水

神功皇后は、住吉三神と共にこの神社に祀られていて、本宮の第四番目が皇后を祀った社殿です。

国宝のかっこいい社殿

住吉大社の社殿は、「住吉造」と呼ばれる神社建築史上最古の特殊な様式。
現在の本宮は、江戸時代の造営で、国宝に指定されています。

ずらっと並ぶ四つの社殿

本宮は四つあり、第一本宮が奥から縦に三つ並び、弟四本宮は第三本宮の横に並んでいる珍しい配置。
四つの本宮は、それぞれ住吉三神と神功皇后を祀っています。

一番奥にある第一本宮

朱塗りの柱に、桧皮葺の重厚な屋根。
鮮やかで堂々とした本宮は、ひとつだけでも風格がありますが、並んでいるとすごくかっこいいです。

うさぎは神使

住吉大社には、うさぎがいっぱい。
といっても、本物のウサギではなくて、神社のシンボル的存在としてうさぎの像があちこちにあるのです。
というのも、住吉大社の創建が、神功皇后摂政11年、辛卯の年の卯月の卯の日という不思議なめぐり合わせの日だから。

高級そうな撫でうさぎ

かわいい撫でうさぎがいたので、もちろんなでなで。
なんだか高級そうな石だな...と思っていたら、これがなんと、翡翠のうさぎ。
しかも、新潟産。
つるつるして気持ちいい。
あー、いやされた。

おみくじが楽しい

ここのおみくじは、ちょっとおもしろい。
まずは、かわいいうさぎみくじ。
小さなうさぎがいっぱいで、思わず欲しくなってしまいます。

かわいいうさぎみくじ

気になったのが、良縁成就の「おもとみくじ」。
良縁を願う『おもとみくじ』は、末社である侍者神社(おもとじんじゃ)があるからで、侍者神社は、縁結びの神様。

不思議なおみくじ

でも、なんだか怪しげな新興宗教みたいなおみくじで、ちょっと笑ってしまいました。
侍者神社のみなさま、ごめんなさい。

心をリフレッシュできる神社

住吉大社は、ちょっとワクワクして、お参りするとなんだか気持ちがすっきりする神社でした。
イザナギの禊で生まれた住吉三神は、禊祓いの神。
私たち凡人の心も、きれいにしてくれるのかもしれませんね。

これで、大阪三国の一之宮めぐりも終了です。
ちょっと心がリフレッシュされたサーチライトとシュクルは、また煩悩あふれる街へ繰り出すのでした。

摂津国一の宮・住吉大社に参拝

まとめ 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top