Home / 近畿旅行記 / 三宮の有名店・モーリヤで神戸牛ステーキを食べてきた

Jul
23
2014

三宮の有名店・モーリヤで神戸牛ステーキを食べてきた

日本が誇る和牛のトップブランド「神戸牛」。
せっかくの神戸旅行なので、神戸牛を食べたい!
それも、安いコロッケやハンバーグで妥協せず、すこし奮発してもがっつりステーキで食べたい!
そんな野望を抱いた肉食系旅行者におすすめなのが、神戸・三宮のステーキレストラン「モーリヤ」です。
三宮駅から歩いてすぐなのでアクセスしやすく、神戸牛ステーキといえば必ず名前の挙がる有名店。
今回はいよいよお待ちかね、モーリヤでの神戸牛ステーキ実食レポートです。

- スポンサードリンク -

モーリヤ三宮店に予約

今回は、事前に電話で座席とメニューの予約を入れておきました。
せっかく神戸牛を食べるつもりで行ったのに、満席だったり売り切れだったりしたらがっかりですからね。

モーリヤ三宮店

最初はモーリヤ本店に予約の電話を入れたのですが、あいにくその日は定休日。
ただ、本店から道路を挟んで斜め向かいにモーリヤ三宮店があり、そちらは営業しているそうなので、三宮店で席を予約してもらいました。
メニューは神戸牛ステーキのBセット(9,800円)。
公式ホームページで5%OFFのクーポン券を見つけたので、それをプリントアウトして持っていきます。

カウンターの前で焼くスタイル

エレベーターで3階に上がると、フロアにはすでに肉の焼けるいい匂いが漂っています。
40席あるテーブルはすべて鉄板付きのカウンター席になっていて、目の前で担当のシェフが焼き上げていくスタイル。
担当シェフによると、「モーリヤ」という店名はロシア語で「大海」という意味で、また初代店主がモリヤさんだったことにちなんでいるそうです。

「神戸牛」「神戸ビーフ」とは

今や日本人だけでなく、欧米人も絶賛する牛肉の王者「神戸牛」。
しかし意外なことに、「神戸牛」という牛はこの世に存在しないのだそうです。
いわゆる「神戸ビーフ」とは、ほとんどのブランド和牛のルーツといわれる「但馬牛」のうち、一定の品質基準を満たした選りすぐりの牛肉を指す呼称。
肉質等級でいうと、「神戸ビーフ」にはA4ランクとA5ランクしかないそうです。
日本で最も厳しい認定基準を持ち、「神戸ビーフ」と認められた肉には青い菊の判がスタンプされています。

これをこれから食べていきます

ステーキの部位は、「サーロイン」と「フィレ」から選ぶことができます。
鮮やかな霜降りが入ってステーキに適しているのが「サーロイン」、細かな霜降りで最高に柔らかい肉が「フィレ」。
「それぞれオーダーして半分ずつシェアしながら食べ比べてみるといいですよ」というので、そのようにしてもらいました。

いよいよ鉄板焼きが始まりました

ドリンクをそれぞれ注文して、いよいよ鉄板の上で調理が始まります。
調理の前に、シェフのほうから「せっかくですからお肉と一緒に写真はどうですか?」と切り出す心配りは、さすが観光客もたくさん訪れる有名店です。

鉄板の上に肉が立ってる

手馴れたナイフさばきで肉を切ったり、鉄板に肉を立てて側面を焼いたり、肉の土台の上に肉をのせて遠火で熱を通したり。
焼き加減はサーチライトがミディアムで、シュクルがミディアムレアにしてもらいました。

いざ、実食!

ステーキは一度にすべて焼くのではなく、サイコロ3~4切れくらいずつ、何回かに分けて焼き上がります。
まずは第一陣が到着。

第一陣が到着!

ステーキの調味料は、塩、ガーリック、ワサビ、ブラックペッパー、ポン酢。
最初の一口は、肉の上に塩をほんの2~3粒のせて食べるのがおすすめとのこと。
肉本来の美味さと脂の甘みが最もよく味わえる食べ方です。
うんま~い、やーらか~い。
こんなに美味しく焼いてくれて、シェフの人、ありがとう!

ワサビとの相性がバツグン!

個人的に一番気に入ったのは、ワサビとガーリックと塩の組み合わせ。
肉の上にカリカリのガーリックを1枚、その上にたっぷりワサビをのせて、さらに塩をひとつまみふりかけると、これが相性抜群の美味さ。
牛肉とワサビの組み合わせを考えたのは間違いなく日本人でしょうけど、ひょっとして天才なんじゃね!?
ワサビが苦手なお子様シュクルは、この美味さがわからないなんて人生損してるよ。
サーロインとフィレを食べ比べた結論は、高級和牛は脂が美味しいので、脂身の多いサーロインのほうが好みですね。

第二陣の調理が始まります

今回オーダーしたのはコースなので、神戸牛ステーキのほかに、焼き野菜、オードブル、スープ、サラダ、ライス、漬物、コーヒーが付きます。
さらに、最初に少し切り分けておいた肉を細切れにして、もやしをあわせて野菜炒めを作ってくれました。

焼き野菜も美味しい

ちなみにライスはおかわりOK。
ごはん、肉、ごはん、ごはん、肉、ごはん、おかわり、ごはん、野菜炒め、ごはん。
ぐっ...! 肉とごはんがそろってしまったら...、神戸牛があっという間じゃねーかっ...。ポロポロ。

満足度を考えたら決して高くない

そんなわけで、会計は21,740円。
もちろん会計にはクレジットカードが使えました。
2人でステーキコースを食べて、ビールも飲んで、食後のコーヒーも飲んで、ひとり10,000円ちょっとなら、「神戸で神戸牛を食べてきた」という値打ちに十分見合った値段だと思います。
しかも今回は、ちゃんと冬のボーナス時に「神戸牛基金」を積み立てておいたので、旅の財布的には支出ゼロ。笑。
一生にそう何度も食べられるものではないでしょうけど、最初からそういう覚悟で臨めば、まったく手が届かないものでもありません。
「一度でいいから神戸ビーフを食べてみたいなあ」と思っている人は、神戸旅行のついでにモーリヤへ足を運んでみると、旅行の満足度がまったく違うと思いますよ。

もくじ 開港5港めぐり・神戸2泊3日旅行記に戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top