Home / 関東旅行記 / 銚子「鈴女」で安くて美味しい刺身を食べる

Sep
22
2014

銚子「鈴女」で安くて美味しい刺身を食べる

銚子といえば、銚子漁港と醤油工場。
この組み合わせで思いつくものといえば、そう、「刺身」です!
その瞬間、自分の中では「銚子=刺身の町」になりました。
実際、銚子には美味しい刺身をお手ごろな値段で食べられる店がたくさんあります。
そういうわけで今回の銚子遠征では、ランチもディナーも海鮮三昧。
今回は、銚子の美味しい刺身が食べられる店「鈴女」を紹介します。

- スポンサードリンク -

魚料理「鈴女」

「鈴女」があるのは銚子漁港の目の前。
JR銚子駅から歩いても10分ほどの距離です。
店内はテーブル席・座敷・カウンター席と収容人数は多く、土曜19:30で8割くらいの入り。
予約はしていませんでしたが、すぐにテーブル席に案内してもらえました。

魚料理「鈴女」

メニューの種類は非常に豊富で、海鮮丼、天丼、定食、どれを食べるか迷ってしまいます。
周りの友人たちは思い思いに丼ものを食べることにしたようですが、サーチライトはまったく方針が決まらず。
まあ、とりあえずビールでも飲んで、周りを見てから考えるか。
それから、せっかく銚子に来たので、刺身の盛り合わせと房総名物「なめろう」をみんなでシェアすることにしました。

獲れたて海鮮料理はどれもおいしそう!

待つことしばし、先にビールと丼ものが運ばれてきました。
ちなみに今さらながら今回の銚子旅行のメンバーは、わたしサーチライト、ドールマスター氏、銚子在住の霞くん、そして今回初参加のひげくんの4人です。

銚子丼

霞くんが注文した「銚子丼」。
まぐろの刺身と「なめろう」がのった海鮮丼です。
「銚子丼」という名前からして、観光客向けのメニューだと思うんですが、銚子に住んでる人が真っ先に食べてどうする。笑。

海老天丼

ドールマスター氏が注文した「海老天丼」。
頭付きの海老の天ぷらが2尾ものったボリュームたっぷりの天丼です。
おいしそうでゲソ。
ピーマンも肉厚でウマイとのこと。

穴子天丼

ひげくんが注文した「穴子天丼」。
アナゴがどーんとのって、こちらもボリュームたっぷり。
ちょっと食べさせてもらったら、アナゴがふわふわのやわらかさでした。

刺身の盛り合わせ

ビールを飲んだり、丼を食べたりしていると、刺身の盛り合わせが到着。
盛り合わせの内訳は、マグロ、ブリ、タイ、甘エビ、タコ、ホタテ、赤貝、ツブ貝。
メニューには2~3人前とありましたけど、予想を上回るボリュームです。

房総名物「なめろう」

さらに「なめろう」も到着。
「なめろう」というのは、イワシやアジなどの青魚と、ネギやショウガなどの薬味と、味噌や酒などの調味料を、混ぜてタタキにした房総半島の郷土料理。
あまりの美味さに皿まで「舐めろ」というのが名前の由来だそうです。
ちなみに「ミスターどんぶり勘定」ドールマスター氏は、これを2皿注文しました。
絶対、これ、多すぎるって。笑。

つみれ汁とライスで漁師飯に!

しかし、ここでサーチライトに電流走る!
すいませーん、つみれ汁とライスください。

つみれ汁

そして、やってきたライスの上に、「なめろう」をのっけて、刺身をのっけて、「漁師飯」完成です!

自作・漁師飯

うまい、美味すぎる!
これは海鮮丼のまま食べても美味しいですし、つみれ汁をかけてお茶漬け風にして食べても美味しいです。
銚子、最高!

コストパフォーマンスも大満足

こうして、刺身を食べて、丼を食べて、郷土料理を食べて、ビールも飲んで、会計は1人2,500円。
全員満腹になりすぎて、最後に残ったホタテの刺身が1枚、どうしても腹に入らなかったにもかかわらず、です。
今回が初銚子のひげ君も、「銚子は飯が美味かった」と満足してくれたようで何より。
銚子で安くて美味しい魚料理をたらふく食べたいという人は、ぜひ足を運んでみてください。

鈴女
〒288-0041 千葉県銚子市中央町6-29
営業時間 11:00-14:30/17:00-22:00
定休日 月曜

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

Dollmaster 2014年9月23日 00:00

まぁ、食べきれないよね。
予想以上に生系がうまかったのが誤算だった。
完全な作戦にはならんとわぁ。

サーチライト 2014年9月23日 10:43

いや、個人的には結果的に完全な作戦だったんだけど。笑。
いい店だったんでまた行きたいです。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top