Home / 旅の相棒 / 山でも街でも万能のARC'TERYX Arro22を購入した

Oct
25
2014

山でも街でも万能のARC'TERYX Arro22を購入した

山登りを始めてザックが必要になったので、前から注目していたバックパックを買いました。
購入したのは「ARC'TERYX Arro22」
真っ黒なボディに輝く金色の始祖鳥の刺繍がカッコイイ、見た目にもスマートなバッグです。
タウンユースのリュックとして絶大な人気を誇るアイテムですが、もともと軽登山用のデイパックとしてデザインされただけに、その機能は日帰り登山にぴったり。
見た目も機能も申し分なく、大満足の買い物でした。

- スポンサードリンク -

タウンユースにも使えるデザイン

ARC'TERYX(アークテリクス)社は、カナダのアウトドア用品メーカー。
始祖鳥の学名「ARCHAEOPTERYX(アーキオプテリクス)」がブランド名の由来で、ロゴも始祖鳥の化石をデザインしたものです。
恐竜化石好きのサーチライトは、これだけでもう虜になりました。笑。

シンプルで洗練されたフォルム

このArro22は、1999年に発売されたアークテリクスの代名詞ともいえるバックパック。
高い収納力や防水力などアウトドア向けの機能性と、タウンユースでも使えるシンプルで洗練されたフォルムを兼ねそろえ、15年以上も変わらず愛されているデザインです。

荷物が軽く感じるリュック

Arro22の独特のフォルムは、デザイン性だけでなくアウトドアでの機能性を追求したものでもあります。
斜めにせりあがった底部は、荷物を入れたときに重心が自然と上に来るように設計されたもの。
背面は内側からプラスチックのパネルが支えているので、装備を入れても型崩れせず、中の荷物が背中に当たって痛いということもありません。
また、ハーネスの技術を応用したショルダーベルトと、熟成3Dサーモフォームという技術を採用した背面パッドのおかげで、背負ったときに身体の曲線にぴったりフィットします。

重心が上に来るように設計された底部

内側にプラスチック板が入っていて型崩れしにくい

始祖鳥のロゴが刻まれた背面パネル

こうした重心設計やフィット感のおかげで、背負うと荷物が軽く感じます。
荷物が軽く感じるというのは、初心者には何より嬉しいところ。
体力に自信がなくても快適に山登りを楽しむことができます。

止水ジッパーと特殊素材で防水性はバッチリ

Arro22の特徴といえば、アークテリクスが開発した技術「止水ジッパー」。
ファスナーをラミネート加工することで、水滴がバッグ内部に侵入するのを防ぎ、バッグの中身を雨から守ります。

止水ジッパーで雨でも安心

また、バッグの素材は「バリスティックナイロン」という撥水ナイロンで、内側から「ハイパロン」という合成ゴムをコーティングして、二重の防水が施されています。

止水ジッパーと撥水素材で水に強い

バリスティックナイロンは、通常のナイロンの5倍の強度を持つという合成繊維で、軍用のフライトジャケットのために開発された素材だとか。
縫合も非常にしっかりしているので、そう簡単に壊れることもなさそうです。

初級の登山には必要十分な容量

Arro22の容量は、名前にもあるように22リットル。
一般的な日帰り登山の装備なら、余裕で収納することができます。

カンガルーポケットにはすぐ取り出したい装備を

Arro22の顔ともいえるのが、「カンガルーポケット」と呼ばれるフロントポケット。
センターのファスナーで縦に開くポケットは、意外と容量があり、すぐにアクセスできるので、レインジャケットや行動食を入れておくのに適しています。
ただし、カンガルーポケット下部の水抜き穴から浸水することがあるので、濡れると困るものを収納するのは避けた方がよさそうです。

メインルームには着替えやミドルレイヤーなどを

メインルームは完璧な防水が施されているので、着替えや防寒着や本を入れておくのに適したスペースです。
タウンユースで使う人も多いように、ノートPCもすっぽり収納できる大きさ。
メインの開口部分はダブルファスナーでぱっくり開くので、中で荷物が迷子になることもありません。

上部フラップを空けるとハイドレーションポートがある

メインルーム内部には、プラティパスなどの水筒を収納するメッシュポケットが付いていて、上部フラップのハイドレーションポートから、ドリンクホースを外に出す仕組み。
メッシュポケットはバッグ外側の左右サイドにも付いていて、こちらは500mlペットボトルを入れるドリンクホルダーとして使えます。

サイドのドリンクホルダーは山でも街でも

Amazonや楽天市場のレビューを読むと、「実容量が小さくて荷物があまり入らない」という感想を見かけますが、今のところ荷物が入らないと感じたことはありません。
確かに背中にフィットするデザインなので、箱などのかさばる荷物は苦手ですが、登山の装備はレインウェアにせよ着替えにせよ、リュックの形に合わせて収納できるものが多いので、少し携行品を最適化して、パッキングを工夫すれば、夏の山小屋1泊くらいは十分に対応できるサイズです。

お気に入りの道具でテンションUP

Arro22の唯一の欠点は、その値段でしょうか。
もともとアークテリクスは、「最高の素材・最高の技術・革新的なデザインのために、コストパフォーマンスという言葉は存在しない」というメーカー。
加えて人気商品であるために、代理店も強気の価格設定をしています。
とはいえ、Amazonや楽天市場で探すと20,000円くらいで買えるタイミングもあるので、正規販売店では高すぎると思う人は、覗いてみるのもいいでしょう。

お気に入りのバックパック

このArro22を買って一番よかったのは、今まで以上に山に登るのが楽しみになったところ。
荷物をパッキングしながらワクワクしますし、登山口でArrow22を背負うと頑張って歩こうという気分になります。
そして趣味の道具というのは、こういう要素が大事だと思うのです。
急な登りに息が上がっても、荷物を降ろして金色の始祖鳥を見ると、また力が湧いてきますよ。

ARC'TERYX Arro 22 BLACK 6029
アークテリクス アロー22 黒 ARC'TERYX(アークテリクス)
おすすめ平均
stars耐久性は申し分なし。
stars4年間使い続けての感想
stars意外と
starsデザインが良いです
stars念願の!
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

いいた 2014年11月29日 21:00

はじめまして。

ARRO22の購入を考えています。
価格の部分で購入を迷っています。

ネットで購入しようと思っています。並行品は正規代理店よりも安いですが、どこのお店で購入していいか悩んでしまいます。

どちらで購入しましたか?
並行品の購入で注意点あれば教えてください。

サーチライト 2014年12月 2日 23:26

いいたさん、コメントありがとうございます。
ちょうど京都に行っていたタイミングで、返答が遅くなって申し訳ありません。

Arro22はAmazonのマーケットプレイスで購入しました。
Chelsea gardens UKという販売元です。
特に不具合もなく、数日後には手元に届きました。
Arro22は人気商品のため、偽物も多いという話も聞きますが、価格を重視した以上、そのリスクは仕方ないので、そこは割り切って購入しました。
個人的にはそんな感じですが、参考になれば幸いです。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top