Home / 近畿旅行記 / 大和国一之宮「大神神社」に参拝

Nov
04
2014

大和国一之宮「大神神社」に参拝

古来、日本のことを「ヤマト」と言いますが、その国名と同じ名の大和国の一之宮は、大神神社(おおみわじんじゃ)。
大和国は、かつて日本の都だった場所ですから、その一之宮も古い歴史を持つ壮大な神社です。
三輪山の神にまつわるエピソードと共に、古代のロマンたっぷりの大神神社を紹介します。

- スポンサードリンク -

神が宿る山・三輪山

大神神社には、神を祀る本殿がありません。
拝殿の奥に三ツ鳥居と呼ばれる三つつながった鳥居があり、そこからさらに奥の三輪山を拝む形になっています。
つまり、三輪山そのものが神として祀られているのです。

神が宿る山

三輪山は、かつての都人から信仰の対象として崇められ、愛されてきた山で、万葉集にもたくさんの三輪山の歌があります。
山そのものを拝むのは原始的な信仰が残っているからでしょうが、都人からも讃えられ愛されたのは、その美しい形からでしょう。

御祭神はあの神様の分身?

大神神社の御祭神は、オオモノヌシ(大物主大神)。
一言で言うと、国造りの神様なので、農・工・商すべてOKで、方除、治病、造酒、製薬、禁厭、交通、航海、縁結びとオールマイティーな御利益があります。
実はこの神様、ちょっと不思議な存在です。
「古事記」によれば、オオクニヌシ(大国主命)はスクナヒコナノミコト(少彦名命)と共に国造りに励んでいましたが、スクナヒコナがいなくなって途方に暮れてしまいます。
その時、海から光り輝いてやって来た神がオオモノヌシ。
オオモノヌシは「自分を倭(やまと)の青垣、東の山の上に祭れ」と言ってオオクニヌシと共に国造りを行い、三輪山の神として祭られたと伝えられています。

三輪山に向かう拝殿

おもしろいのは、「日本書紀」。
「日本書紀」では、オオモノヌシは、自分のことをオオクニヌシの「幸魂(さきみたま)・奇魂 (くしみたま)」であると言っています。
神様の魂には二つの側面があって、荒ぶる魂を「荒魂(あらたま)」、恵みや平和をもたらす魂を「和魂(にぎみたま)」と言います。
その「和魂」は「幸魂・奇魂」に分けられます。
「幸魂」は人に幸を与え、収穫をもたらす神霊で、「奇魂」は奇跡で人に幸を与える神霊です。

大神神社の祝詞

つまり、オオモノヌシは、オオクニヌシの一部分というか、分身的な存在ということ。
海の向こうから自分の分身がやってきて「俺を山に祭れ」とか言うって、どうなのと思うわけですが、神様なんでそういう不思議なこともあるのかなあ?

参考 長門国一之宮・住吉神社に参拝 - ゆめのりょけん

蛇神さまは卵がお好き

オオモノヌシは、蛇に姿を変えた神様でもあります。
境内には杉の大木があり、この木の祠から「白い巳(み)さん」と呼ばれる白蛇が出入りすることから、「巳の神杉」と呼ばれています。

巳の神杉の祠

神杉の前には、蛇神様が好む卵や酒がたくさん備えてありました。
オオモノヌシは酒造りの神様でもありますから、

お供えの卵とお酒

それにしても、こんなにたくさんの卵、どうするんでしょう?
いっそ、オムレツとかオムライスとか作って売ったらどうかな。
「オオモノヌシオムレツ」とか、なんとなく御利益ありそう...でもないか。笑。

狭井神社の御神水

大神神社に参拝したら、ぜひお参りしたいのが、摂社の狭井神社(さいじんじゃ)。
ここは、本社の荒魂の方を祀ってある神社で、三輪山の登山口があり、三輪山を登るにはここで許可をもらう必要があります。

狭井神社

この神社には、「薬井戸」という泉があり、ここの水は御神水(ごこうすい)と呼ばれて万病に効くと言われています。
整備されて、共同水道みたいになっているのがちょっと残念ですが、この水は誰でも飲めます。

だれでも御神水が飲めます

容器をもってきてくんでいる人もたくさんいたし、ペットボトル入りの御神水も1本100円で売られていました。
大神神社は、酒の神様としても有名ですが、こういう天然の美味しい水があるから美味しいお酒もできたのでしょう。

大美和の社展望台

狭井神社から西に向かうと、大美和の杜展望台があります。
後に三輪山、前には奈良盆地が広がり、その向こうには二上山や葛城山などが見える絶好のロケーション。
奈良県が選んだ「まほろば眺望スポット百選」にも選ばれています。

まほろば眺望スポット

最近はパワースポットとしても有名で、全国の観光地からプロポーズをするのにふさわしいロマンチックな場所として選ばれる「恋人の聖地」にも認定。
たしかに、オオモノヌシは女性にモテモテの縁結びの神様ですから、プロポーズするにはぴったりですね。

酒の神様にふさわしい日本酒ソフト

参拝を終えて鳥居を出ると、サーチライトが目ざとくみつけたのが日本酒ソフト。
さすが、酒の神様のおはします神社にふさわしいソフトクリームです。

日本酒ソフト

ほんのり日本酒の風味がして、意外にさっぱり。
美味しいソフトクリームでした。
オオモノヌシもこれを食べたらびっくりするんじゃないかな。

古代の息吹を感じて

日本最古と言われる大神神社は、のどかな空気に包まれた神社で、三輪山を仰ぎながらお参りしていた古代の人々の想いが、息づいているようでした。
帰りがけに人だかりができていたので見てみると、ヘビがにょろにょろ。

蛇神さま?

もしかして、オオモノヌシの化身かも?
なんだかラッキーなものを見た気分になりました。

大和国一の宮・大神神社に参拝

まとめ 全国一之宮めぐりのすすめ

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top