Home / 新潟歳時記 / 角田山登山で新しいシューズの足ならし

Nov
28
2014

角田山登山で新しいシューズの足ならし

「今度、私も角田山に連れてって」
山登りを始めたとサーチライトの実家で話したら、サーチライト母にそう言われました。
新潟市西蒲区にある標高481mの角田山は、新潟市から車で30分ほどの身近なハイキングスポット。
山登りには縁のなかったシュクルでも、小学校の遠足で登った山です。
前回の五頭登山の後に登山シューズを買ったので、その足ならしにもちょうどぴったり。
そんなわけで、先日の文化の日の連休、サーチライト母をゲストに角田山に登ってきました。

- スポンサードリンク -

今回の山登りギア:caravan C1-02S

前回の五頭山登山で、ジャングルモックの限界を痛感したため、思い切って登山用シューズを購入することにしたシュクル。
とはいえ、登山靴を買うなんて今まで一度も考えたことがなかったし、これまで何度か紹介しているように、シュクルの足はいろいろ規格外なので、再び好日山荘でいろいろ試し履きして選ぶことにしました。

まずはシューズ売り場でスタッフさんに相談。
初心者であること、五頭山に登ったら足が痛かったこと、そして普通の人よりかなり足幅が広いのが悩みであることを相談すると、用意された登山用の靴下に履き替えて、足のサイズを測ることになりました。
「ああ~、これはたしかに幅が広いですね」
そうなんですよ、足に合う靴がなかなか無くて、今履いてるジャングルモックもメンズの25cmなんです。
「なるほど、わかりました」
そう言うとスタッフさんが3種類くらいシューズを持ってきてくれたので、店内をしばらく歩いたり、傾斜台を上り下りしたりして履き比べ。
その中で一番しっくりときたのが、「キャラバン C1-02S」というシューズでした。

[キャラバン] caravan C1-02S
[キャラバン] caravan C1-02S

ワイズ3Eで、幅広の足でも全然きつくないのがシュクル的には何よりグッド。
ハイカットで足首をホールドし、靴の中で足がずれないので、下りで指先が靴に当たることもありません。
つま先部分には頑丈な樹脂が入っていて、ゴアテックスで防水もばっちり。
定価は14,800円で、予算内の値段だったので、これに決めました。

キャラバン C1-02S

カラーは、いろいろコーディネートしやすいグレー。
かわいい色があればもっとよかったけど、そこはもう最初から諦めていたので。

角田登山の服装と装備

そんなわけで、今回の角田登山の装備です。
今回は登山靴に加え、モンベルで靴下とベースレイヤーも新調しました。
また、サーチライト母がゴアテックスのレインウェアを貸してくれたので、雨が降ったり寒くなっても安心です。

《服装》
靴...caravan C1-02S
靴下...mont-bell メリノウール サポーテックトレッキングソックス
ベースレイヤー...mont-bell WIC.ラグラン ロングスリーブT
ボトムス...しまむらで買ったジャージ
帽子...家にあった普通の帽子
その他...タオルマフラー、軍手
《持ち物》
リュック...deuter ヒュッテ30
雨具...借り物のゴアテックスのレインウェア
行動食...カントリーマアムDESSERT、チーズアーモンドなど
水...いろはす(500mlペットボトル)2本
昼食...おにぎり
カメラ...EXILIM EX-H15
その他...ウェットティッシュ、スマホ、現金

特筆すべきは、モンベルで買ったベースレイヤー。
「ウィックロン」という素材を使ったロングスリーブのTシャツで、びっくりするほど速く乾くのが最大の特長です。
洗濯して脱水から取り出すと、もう半ば乾いているくらい。
汗で濡れてもすぐ乾き、肌触りも綿に近いため、地肌に直接着るのにぴったりです。
弥彦山と五頭山登山の時には、普通のTシャツで登ったら、背中にタオルを入れていても汗でびしょびしょになって大変でしたが、今回は速乾性の高いベースレイヤーで下山まで快適でした。

角田山の登山コース

角田山の登山コースは、「湯の腰コース」「稲島コース」「五りん石コース」「ほたるの里コース」「五ヶ峠コース」「浦浜コース」「灯台コース」の7つ。

角田山コース図

このうち最も一般的なのは、アクセスしやすくコースタイムも短い「稲島コース」ですが、ここは登山口から頂上までずっと登り坂、しかも途中から段差のある階段がずっと続くというハードコースです。
初めての角田山登山で稲島コースを選んだために、「角田山=きつい」というトラウマを抱えてしまう人も多いとか。

逆に最も緩やかなコースは「五ヶ峠コース」ですが、こちらは車でのアクセスが少し不便。
ほたるの里コースの登山口からさらに2.6kmほど先にある登山口までは、対向車とのすれ違いがスリリングな細い山道を進むことになり、登山口の駐車場も20台ほどで、連休中は何かとリスクのあるコースです。

そんなわけで今回は、アクセスしやすく難度もそこそこの「ほたるの里コース」を登ることにしました。
頂上付近に急坂の難所が待ち構えているものの、全体的には緩やかなアップダウンで歩きやすく、里山らしい登山を楽しめるコースです。
これなら、新しい登山靴の足慣らしにもぴったりなんじゃないでしょうか。

ほたるの里コース(コースタイム90分)

朝は比較的のんびり出発して、ほたるの里コース登山口の駐車場に車を停めたのが9:43。
一見すると見逃しそうな、ものすごく狭い階段から登山道の始まりです。

ほたるの里コース登山口

ただし、すぐ隣の舗装された坂から上がっても、すぐに同じ道に合流するので、無理せずに広い道に行ってもよかったかな。
ちなみに登り始めてすぐのところにトイレがあるので、ここでトイレに寄っておきましょう。
最初の見晴台までは、少し息が切れるくらいの階段と上り坂。

最初は階段登り

見晴台に到着したのは、登り始めて約40分後の10:20でした。
見晴台からは蒲原平野が見渡せます。
この日はあいにくの曇り空で、ぼやっと霞んでいましたが、稲刈りが終わった田んぼも晩秋を感じさせる光景です。

40分で見晴台に到着

見晴台を過ぎると、登りは緩やかになって、秋の山道散策といった風情。
近くにクレー射撃場があり、銃声がひっきりなしにするので、熊さんに出会う心配はなさそうです。

山頂まで1590m

ずっとこんな道ならいいのになあ。
そんなことを思いながら、頂上まで1590mの標識を過ぎると、かなり長い下り坂になります。
らくちんらくちん。
でも、前夜の雨で濡れているので、階段の丸太のところがすごく滑ってちょっとこわい。

しばらく下り坂

下りが終わって、また登りが始まります。
そして、登り始めて80分後の11:01に、頂上まで490mの標識を通過。
ここから先が、コース最大の難所「心臓破りの坂」と言われる急坂です。

頂上まで490m

目の前には、すごい角度の階段が!
この坂、角度も急だし、ロープにつかまらないと登れないところもあって、かなりハード。
何より、延々と歩幅の高い段差が続くので、心臓はばくばくするし、息はぜーぜーするし、全然終わりが見えないし、一言でいうと「く゛る゛し゛い゛」!

心臓破りの坂

しかし、なんと!
いつもサーチライトから「うどんこ」と馬鹿にされている太い足が大活躍で、シュクルが先頭。
その後を、山登りには慣れているサーチライト母が続きます。
サーチライトはと言えば、早々に足が上がらなくなって、グループから脱落。
それでも、なんとか3人とも急坂を登りきり、角田山の全コースの中でも最も苛酷といわれる急登をクリアしました!

頂上到着

そして、登り始めてから100分後の11:25、ついに頂上に到達。
ひょー! やったはああ!
つ゛か゛れ゛だ゛~。

角田山頂上でランチタイム

山頂は、ひろびろとした広場みたいになっていて、けっこう人もいました。
とりあえず、山頂の標で記念写真を撮って、座るベンチを確保したらトイレへ。
そう、角田山の頂上には、バイオトイレがあるのです!
場所は少しわかりにくいものの、稲島コースの方向にすこし行ったところにある山小屋風の建物。

角田山頂のバイオトイレ

入ってみてびっくりだったのが、なんと洋式トイレだったこと。
こういうところのトイレは和式だと思い込んでいたので、かなり衝撃。
正直、すごくキレイとは言いがたいので、潔癖症の人はトイレ除菌シートを持って行った方がいいでしょう。
それでも、トイレがあると安心して休憩できるのはうれしい。

角田山頂は思ったより広々

トイレも無事済ませたので、ベンチに座って昼食です。
今回は、サーチライト母が作ってくれたおにぎりとゆで卵と、会津・満田屋さんの味噌漬けというシンプルセット。
んんん!? 味噌漬けが美味しい!
ていうか、これ、神!
汗をかいた体に、味噌漬けの塩気がベストマッチで美味しすぎる。

味噌漬けが美味しすぎる

さらに、ステンレスボトルに入れたホットコーヒー付き。
すっかり肌寒い空気の中で飲む温かいコーヒーは、心も体もほっこりさせてくれます。
そして、今回のおやつ「カントリーマアム・デザート」がホットコーヒーと相性バツグンで、めっちゃ美味しい。
これは、山にバーナーを持っていく気持ちがすこしわかった気がする。

レインウェアを着て下山(コースタイム50分)

さて。
この日は午後から雨の予報。
風も冷たくなってきたし、ゆっくり休んで体力も回復したし、雨が降りだす前に借り物のレインウェアを着て、12:24に下山開始です。

下りの階段

心臓破りの坂は下りなので楽々...と思ったら、とんでもなかった。
濡れた丸太が滑る上に、一段の幅が大きいので、下りは一段一段慎重にいかないと怖い。
しかし、おっかなびっくり下りているシュクルとサーチライト母を尻目に、スタスタと下りて行くサーチライト。
あれえ? 登りは早々と脱落してたのに。
どうやらサーチライトは登りに弱く下りに強いタイプのようです。

不穏な天気

急坂を下りきった後は歩きにくいところもなかったので、雨が降る前に...と、先を急ぐ一行。
見晴台を過ぎたあたりから、ぽつぽつ雨が降り出してきて、あらかじめレインウェアを着ておいて大正解。
そして、下山開始から68分後の13:32に登山口に帰還。
どうにか雨は、やり過ごせたようです。

「caravan C1-02S」の履き心地

さて、今回初めて履いてみたcaravan C1-02S。
実際に山に登ってみて感じたのは、すごくしっかりしていて安定感があること。
足自体が守られてる感もそうですけど、スニーカーと一番違うのは、足首までしっかりサポートされているところ。
でこぼこ道でよろけたり、すべったりしても、足をひねるような感覚がないのがいいです。
シュクルの幅広足でもばっちりでしたし、下りでもつま先は全然痛くならなくて、ラクチン。
これなら安心して山登りできそうです。

登山靴は安定感ばつぐん

おかげで、すべる下り坂も、雨で濡れた泥んこ道も、トラブルなく歩くことができました。

「じょんのび館」の温泉で汗を流す

下山後は、車に乗ってそのまま近くの日帰り温泉「じょんのび館」へ向かいます。
じょんのび館は、ほたるの里コースの登山口から歩いていけるくらいの近さ。
しかし、じょんのび館の駐車場に着いた頃には、雨はもう土砂降りになっていて、あと10分下山が遅かったら大変なことになってました。

命の水と美肌ソフト

じょんのび館でゆったり温泉につかり、汗を洗い流したり雨で冷えた体を温めたりしてリラックス。
ふうう~、山登りの後すぐ温泉に入れるって、しあわせ~。
さっぱりした後は、事前に準備しておいた街着に着替えて、お約束のコカコーラ&ソフトクリーム。
じょんのび館のソフトクリームは「コラーゲンソフト」。
これで美肌もばっちりです。笑。

すきやきで乾杯!

こうして、じょんのび館でしばし疲れを癒した後は、みんなでサーチライトの実家に帰り、すきやきとお酒で乾杯!
今となれば、心臓破りの急坂も雨も楽しい夕食の話のネタ。
サーチライト母も楽しかったようで何よりです。

やっぱりレインウェアは山登りの必需品

過去2回の登山は快晴だったので、雨具の心配はいらなかったものの、今回はレインウェアの必要性を痛感しました。
幸運にも土砂降りに遭うのは避けられたものの、小雨でもレインウェアがないと服が濡れて大変だったはず。
そもそも、午後から雨予報だった今回は、レインウェアが無ければ中止だったかも?
11月だと、晴れていても山頂はもう肌寒いし、風除けにもちょうどよかった。
標高の高い山は天気が変わりやすくて気温も低いので、そういう山にチャレンジするなら必需品と言われるのがわかった気がします。
ちゃんとしたレインウェアは高いけど、来年の春までには準備しよう。
そんな結論に達した「山登り元年」の登り納めでした。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

Dollmaster 2014年12月 2日 10:24

この間3日革靴でのたち仕事があったんで去年の足裏の激痛の教訓から、中敷きを買ってみたらすごい効果だった。
履物って大事だねぇ。疲労感が全然ちがう。

シュクル 2014年12月 2日 23:45

Dollmasterさん、こんばんは。
そうそう!
7年前エリ女で京都に行った時には、オシャレな革のブーツを履いていって足が痛くて泣きそうでしたが、このあいだの京都はジャングルモックで行ったので、歩きまわっても足が痛くならなかったのです。
履物って大事ですよね!

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top