Home / 近畿旅行記 / 和歌山「井出商店」で和歌山ラーメンを食す

Dec
10
2014

和歌山「井出商店」で和歌山ラーメンを食す

今回の旅の締めくくりは和歌山グルメ。
和歌山のグルメといえば欠かせない「和歌山ラーメン」です。
和歌山ラーメンは、テレビ東京「TVチャンピオン」の正月特番「日本一うまいラーメン決定戦」で、2年連続で優勝したことからブームになりました。
今回訪れたのは、そのブームの火付け役となった店「井出商店」
ラーメン評論家・石神秀幸氏が推薦し、全国の強豪店を押さえて優勝した日本一うまいラーメンとは、どんな味なんでしょうか?

- スポンサードリンク -

黄色い看板が目印

「井出商店」があるのは和歌山市の中心部。
「中華そば専門店 井出商店」と書かれた大きな黄色い看板が目印です。
専用駐車場もあるようですが、近くにコインパーキングがたくさんあるので、そこに停めていきました。
店の前を通ると、ほんのりとスープの匂いが漂います。

黄色い看板が目印「井出商店」

年季の入った昭和臭全開の狭い店内には、カウンター席が中心で20席ほど。
私たちが訪問したのは17:15と、かなり中途半端な時間だったこともあり、すんなりとカウンター席に座ることができました。

メニューは「中華そば」と「早すし」のみ

席に着いたら、さっそく「中華そば」を注文。
メニューは「大盛」「特製」「特製大盛」とありますが、基本的には麺やチャーシューの量の違いだけで(「特製中華そば」はいわゆるチャーシュー麺)、基本的には「中華そば」一択です。
あとは「玉子」「味付煮玉子」をトッピングすることができます。

各席には「早すし」が置いてある

もう一つ、和歌山ラーメンに欠かせないのが「早すし」。
軽く発酵させた鯖のお寿司で、これを食べながらラーメンを待つのが和歌山流だとか。
各席に無造作に置かれているので、適当にとって料金は会計時に申告します。

まろやか系の和歌山ラーメン

注文して数分でラーメンが到着。
一言に「和歌山ラーメン」といっても、実は2つのタイプがあるそうです。
一つは濁った豚骨醤油スープのまろやか系。
もう一つは透きとおった醤油スープのすっきり系。
井出商店のラーメンは、前者のまろやか系の和歌山ラーメンです。

井出商店の和歌山ラーメン

井出商店のスープは、創業から守り続けているという秘伝のスープ。
炊き込みすぎてしまったスープを飲んでみたところ、偶然にもほどよいコクがあり、このスープが井出商店の原点になったとか。
とはいえ、新潟県民はもっとこってりした背脂豚骨醤油に慣れているので、むしろ豚骨醤油としてはあっさりした部類に入るスープです。

ストレート麺がスープとよく合う

麺はストレートで、まろやかなスープとよく合います。
具はチャーシューとメンマとネギの定番に、花びら形のかまぼこが個性ですね。
昔ながらの薄切りバラ肉のチャーシューも美味しい。
遅い昼食で空腹だったこともあり、10分ほどでみんな完食。笑。
まあ、この食べっぷりが、美味しいラーメンだったという証明でしょう。
ごちそうさまでした(-人-)

「心配すんな。大丈夫だ。」

こうして、今回の高野山旅行も全日程を終了。
長らく書いてきた高野山旅行記も、ようやく完結することができました。
なにせ5月に行った旅行ですから、もっと早く書けっていう話なんですが。笑。

雨の中、新潟へ帰る

ちなみに、この旅の間ずっと「大鳳祈願」を願っていたドールマスター氏ですが、結局「大鳳ぜんぜん出なくて飛鷹ばっか出る」ということです。
まあ、それも「大鳳即是飛鷹 飛鷹即是大鳳」というありがたい教えでしょう。
「艦これ」は、修行だから。笑。

もくじ 悟れ!真言!高野山旅行記に戻る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top