Home / 京都旅行記 / 京都の紅葉名所を上手にまわる10のヒント

Jan
17
2015

京都の紅葉名所を上手にまわる10のヒント

「秋の京都はがっかり観光地だ」と言ったら驚かれるかもしれません。
しかし、秋の京都はかなりがっかり観光地になりやすい場所だと思っています。
それは、期待外れでがっかりという意味ではなく、見どころが多すぎるあまり消化不良になりやすいという意味で。
それを、ゆめのりょけんでは「魔界」と呼びます。
そんな魔界を攻略するためには、それなりの予備知識とプランニングが必要不可欠。
今回は、せっかくの秋の京都をがっかり観光地にしないために、上手な京都紅葉観賞に役立つ10のヒントを紹介します。

- スポンサードリンク -

1 秋の京都は「壊れている」ことを前提に計画する

紅葉シーズンの京都は、混雑しているのが当たり前という覚悟で動きましょう。
例年、京都の紅葉は11月中旬から12月上旬が見頃です。
そして、その11月15日から12月7日にかけての3週間には、なんと500万人を超える観光客が京都に訪れるそうです。

京都の紅葉は11月中旬から12月上旬が見頃

中でも一番混雑するのは、11月23日を絡めた連休と、その前後1週間の土日。
この休日は、完全に京都のキャパシティを超えた「壊れている」状態なので、交通は麻痺していて徒歩移動、有名スポットに行けば長蛇の行列、寂寥とした京都の風情を味わいたいと思っても、視界に入るのは観光客だらけ、しかしそれでも構わないというくらいの断固たる覚悟が必要です。
平日は、普通の混雑と呼べるくらいには落ち着きますが、決して空いているわけではありません。
人が多いと何をするにも時間がかかるので、それを見越した計画を立てるのが大前提です。

2 色づき具合と相談しながら訪れる場所を決める

京都市内の紅葉の色づき具合には、けっこう地域差があります。
紅葉のピークは年によっても差があるため、ガイドブックで気に入った紅葉の名所に行ってみたら、早すぎたり遅すぎたりでがっかりなんてこともよくあります。

リアルタイム情報を確認して錦秋の嵐山へ

そんながっかりを避けるためには、最初に行く場所を決めておくのではなく、その年の色づき具合と相談しながら訪れる紅葉スポットを決めること。
紅葉の色づき具合に差があるということは、紅葉シーズンの京都であれば、どこかしら見頃の紅葉スポットがあるということです。
旅行の日取りのために過去のデータは参考になりますが、最終的な空振り回避のためにはリアルタイムの紅葉情報が重要です。

3 市バス一日券は便利だけど

通常、京都観光のメイン交通手段は市バスです。
市バス一日乗車券を500円で購入すれば、一日何回でも市バスに乗車でき、充実したバス網を利用して自在に京都市内を駆け回ることができます。
市バスの京都市内基本運賃は220円なので、一日3回以上市バスに乗るなら一日乗車券を買った方が割安です。

市バス一日券は便利だけど

しかし、紅葉シーズンの休日になると話が別。
交通渋滞で30分の遅延は当たり前、乗車率も120%を超え、車内はぎゅうぎゅうで身動きが取れません。
特に四条通・河原町通・東大路通を通過するバスルートは渋滞に巻き込まれがち。
京都駅を発着するバスも、夕方16時をピークに混雑がひどくなります。
それでもバスに乗れたならまだいい方で、ようやくやってきたバスがすでに超満員で、せっかく待っていたのに乗れないことすらあります。
旅行客にとっては大変でも、運転手にとっては秋の風物詩のためか、「諦めないで奥に入ってください」とか無茶なことも平気で言われます。笑。
そんなわけで、紅葉シーズンの午後以降は、できるだけ市バスを利用しない方向で計画を立てるのが基本方針です。

4 人気の紅葉スポットは朝イチで

京都市の調査によると、紅葉シーズンの観光客の多くは、関西近郊からやってくる日帰り客だそうです。
そうした日帰り客が本格的に増えるのは午後から。
午前中は人気の紅葉スポットでも比較的空いています(あくまで「比較的」です)。

東福寺は混雑必至

そこで、清水寺、東福寺、永観堂のような超人気の紅葉スポットは、朝イチで行くのが定跡。
例えば、清水寺なら6時、東福寺は8時30分、永観堂は9時が開門時刻ですから、開門前から並べば、日帰り客や団体客が到着する前に、ひととおり紅葉観賞を済ませることができます。
そして何より大きいのが、目的地までの移動。
午前中ならバスも順調に動いているので、時間も体力もロスすることなく、予定の行動を消化することができます。

5 午後からは穴場の紅葉スポットへ

午後になると、人気の紅葉スポットは紅葉を見ているのか人を見ているのかわからないほどの混雑ぶり。
交通も麻痺してしまうので、大きなエリアを一つ決めて、徒歩で動き回るのが賢い選択です。

午後は塔頭めぐりがオススメ

そこでおすすめなのが、塔頭めぐり。
塔頭(たっちゅう)というのは、大寺の高僧たちの墓を守るために弟子たちが建てた小さなお寺のこと。
マイナーな塔頭でも、実は「そうだ 京都、行こう」のCMやポスターに抜擢されるような実力派ぞろいです。
南禅寺や東福寺といったメジャーな観光スポットでも、近くの塔頭は比較的空いていることが多いので、行列もなく落ち着いて観賞することができます。

6 紅葉ライトアップの意外な穴場

秋の京都で見逃せないのが、市内のあちこちで催される紅葉ライトアップ。
夜闇に浮かび上がる幻想的な紅葉観賞は、ひとつでも予定に入れておくと、満足度アップはまちがいないでしょう。
移動時や入場時の混雑は大変ですが、それでも一見の価値があります。

高台寺ライトアップは意外に穴場

意外にも混雑を回避できるのは、清水寺と並んで「京都2大ライトアップ」と呼ばれる高台寺。
というのも、観光客の多くは近くの清水寺ライトアップに向かうため、ちょっとしたエアポケットになるのです。
さらに、拝観客のほとんどは高台寺で満足して帰るので、塔頭の圓徳院は穴場の中の穴場。
清水寺とバスが被るため、京都駅からのバス移動は大変ですが、帰りは清水寺の先手を打てるので驚くほどスムーズです。

7 京都の寒暖差にあわせた服装を

夜の紅葉ライトアップで気をつけたいのは、京都の昼夜の寒暖差。
11月の京都は日が暮れてからの冷え込みがハンパではなく、最低気温が5℃を下回る日もあります。
そんな中、寒さ対策が不十分な服装で行列に並んでいたら、もう紅葉観賞どころじゃありません。

時雨が降るといっそう寒い

とはいえ、日中はそれなりに暖かいので、秋の京都旅行はレイヤー術が大事。
コンパクトに収納できるダウンベストや、マフラーやストールが重宝します。
また、「底冷え」と形容されるように、京都の寒さは足から来るので足下にも注意。
京都の紅葉スポットは石段や傾斜が多く、暗くて混雑する中を歩くので、歩きやすい靴も必需品です。

8 京都グルメは別の機会に

紅葉スポット以上に大渋滞が発生するのが、京都の有名グルメスポット。
たまたま通りかかった祇園・都路里なんてすごい行列で、こういう行列に並んでいたら、いくら時間があっても足りません。
せっかくリサーチしていっても思うようには動けない可能性が高いので、グルメはあまり期待しすぎない方がいいでしょう。

湯豆腐の待ち時間は意外に短い

ただし、湯豆腐は話が別。
もともと湯豆腐は混雑時に時間がかからないランチとして発達してきた側面もあり、特に有名店は行列さばきにも長けているので、意外と待ち時間は少なかったりします。
ライトアップ後の夕食は、目当ての店に予約を入れておくか、深夜まで営業していて回転も早いラーメンがおすすめです。

9 宿泊先は早めに予約しておく

京都のホテルは、9月の時点で11月の休日はほぼ満室になるそうです。
特に11月23日前後のトップシーズンは、1年前から予約する人もいるのだとか。
休日を利用して京都に行くなら、宿は早めに予約するのに越したことはありません。
一方、平日なら比較的余裕もあるようです。
おすすめは、月曜日の仕事を休んでの日曜日宿泊。
実際に私たちはそうしたわけですが、わりとあっさり予約できました。

宿は早めに予約しておきたい

どうしても京都に宿が見つからないなら、大阪や滋賀のホテルを予約して、電車でアクセスするのもありでしょう。
大阪から京都まではJR新快速で30分、大津から京都まではJRや京阪電車でわずか10分です。
特に大津市は京都への「パーク&ライド」に力を入れているようなので、車で京都に行こうという人は、検討してみるのもいいでしょう。
次に京都へ行くときは、この作戦を試してみようと思っているところです。

10 できれば「おまけの一日」を確保したい

紅葉シーズンの京都は、どうしても「あれもこれも見ておかないともったいない」という感じで予定を組みがちです。
しかし、冒頭に述べたように、秋の京都は「消化不良」が最大の敵。
あれこれ下調べしておくのはいいことですが、調べたように動けないのは当たり前、半分くらい予定を消化できたら御の字くらいの気分で動くのが、結果的に満足につながるだろうと思います。
それでも行きたいところがたくさんあって困るという場合は、素直にもう一日滞在を延ばすのが「魔界」に対する最強の攻略法です。

散紅葉もキレイ

そんなわけで、以上が京都紅葉鑑賞から得た教訓でした。
この記事を読むと、いかにも効率よく回っているように思われるかもしれませんが、実際には私たちもしっかり「魔界」に呑み込まれています。笑。
ただ、そういう失敗談もフィードバックしながら書いた記事ですので、これから秋の京都に訪れる人は、ぜひプランニングの参考にしてみてください!

紅葉ガイド特別保存版 秋の京都 2014
紅葉ガイド特別保存版 秋の京都 2014 朝日新聞出版
おすすめ平均
starsレーダーチャート等が使えます
stars秋の京都に想いをはせ...
stars似たような内容
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top