Home / 京都旅行記 / 京都駅で和菓子を買ってきたよ

Feb
13
2015

京都駅で和菓子を買ってきたよ

甘いもの好きの京都の楽しみと言えば、和スイーツ。
京都には和スイーツの有名店がいくつもありますが、紅葉シーズンはどこも人でいっぱいでお店に入るだけでも行列だったり。
そんな時には、宿泊先の部屋でゆっくりと京都の和菓子なんていかがでしょう?
職人さんがひとつひとつ手作りし、見た目にも繊細な上生菓子は、京都旅行の気分を盛り上げてくれます。
そこで、京都駅に美味しい和菓子を探しに行ってきました。

- スポンサードリンク -

京都駅「京都茶寮」

まずは、京都駅のメインの改札口前のエスカレーターを上がった2階に、和菓子カフェ発見。
お店の名前は「京都茶寮」。
宇治茶と季節の京菓子が味わえて、京都の工芸品も展示してあるギャラリーカフェです。

京都茶寮

このお店の目玉は、京都の有名和菓子屋さん5軒の上生菓子が味わえること。
「老松」「笹屋伊織」「塩芳軒」「二條若狭屋」「千本玉壽軒」という豪華ラインナップです。
しかも、月ごとにメニューが替わって、その季節にぴったりの和菓子が登場するというシステム。
11月30日には秋をテーマにした和菓子、12月1日には冬をテーマにした和菓子が登場していました。

季節の和菓子

これこれ、こういうの! これ食べたい!
そう思って中に入ってみると、人気店らしく、お店はお客さんで満席。
しかし、残念ながらテイクアウトはやっていないとのこと。(´・ω・`)
そういうわけで今回はパスしましたが、 次に京都に着たら、ちゃんとここでカフェタイムしよう!
ちなみに、抹茶・玉露・煎茶・焙じ茶・グリーンティーとお茶の種類も豊富で、和菓子とのセットは1,029円からです。

JR京都伊勢丹「七條甘春堂」の干菓子

百貨店なら上生菓子があるに違いない。
そう思って、次はJR京都伊勢丹へ。
フロアガイドを見ると、老舗和菓子店がひしめくのは地下1階です。
行ってみたら、動けないくらいの人、人、人...。
地元の人と観光客でごったがえすフロアは、歩くだけでも一苦労。
そんな人波をかきわけて和菓子探索に乗り出しましたが、秋の京都っぽい生菓子は、軒並み「本日は完売しました」の立て札が立っていて、あるのは見本だけ...。
シュクル、完全に秋の京都をなめてた...。orz
もうこうなったら、上生菓子にはこだわらないから、せめて秋の京都らしい和菓子をゲットしようと思って探すと、かわいらしい紅葉の干菓子を発見。

紅葉の干菓子

お店は「七條甘春堂」。
創業は慶応元年(1865年)という老舗です。
四国の阿波・讃岐でとれる純日本砂糖「和三盆糖」を使った干菓子は、12個入り810円。
こちらのお店のホームページを見ると、季節ごとの干菓子がいろいろあってどれも可愛らしくて美味しそう。
食べてみると、すっきりとした甘みで、口の中が全然べとべとしません。
干菓子は3ヶ月くらい日持ちするので、お土産にもいいでしょう。

JR京都伊勢丹「鶴屋吉信」の紅葉餅

もうひとつ見つけたのが、京菓匠「鶴屋吉信」の和菓子。
「鶴屋吉信」の創業は享和3年(1803年)、創業200年を超える老舗です。
実は、初めに目に付いたのはショーケースに並べられた「秋襲ね(あきがさね)」という羊羹。
鮮やかな赤・黄色・緑の紅葉を乗せた美しい羊羹は、秋の京都にぴったり。
これこれこれこれ! こういうのが食べたい! 
買おうと思ったら、「こちら、棹の販売のみです」とのこと。
あ、つまり、一本買うしかないってことね。
いや、いくら甘いもの好きのシュクルでも、羊羹を棒で買ってこれから宿の部屋で食べるのはちょっと難しいよ?
対決列島の魔神じゃないんだから...。
ふと見ると、白くて小さなお餅に紅葉がちょこんとのった可愛いお菓子発見。
1個150円とお値段もお手ごろだし、これに決まり!

鶴屋吉信の紅葉餅

外の求肥は柔らかくて、中のあんこが超おいしい!ヽ(*゚O゚)ノ
甘味があるのにしつこくなくて、上品。
ぺろっと完食してしまった...。
さすが京都の老舗菓匠というクオリティの高さでした。
こちらのお店は、老舗らしい伝統菓子はもちろんですが、おしゃれな和菓子もいっぱい。
特に、バレンタイン限定のハート模様の羊羹とかチョコレート羊羹とかキャラメル羊羹とか、乙女心にグッとくるお菓子もあるので、来年のバレンタインはこれにしようかと真剣に考えているシュクルです。

京の和菓子はお土産にもぴったり

こうして当初イメージしていた上生菓子は食べられなかったものの、結果的には京都らしい和スイーツを味わうことができて大満足。

嫁ミクさんも大満足

考えてみれば、上生菓子は日持ちしない上に手作りなので、もともとの販売数がそれほど多くないのでしょう。
人気の生菓子は夕方には売切れてしまうので、買うなら早めに。
干菓子や羊羹ならかなり持ちますし、生菓子に近いものでも3日から一週間くらいのものもありますから、お土産にするならそちらをおすすめ。
京都の老舗和菓子は見た目も上品だし高品質なので、お土産にすれば絶対に喜んでもらえますよ。

もくじ 48時間!弾丸京都旅行記・秋

日菓のしごと 京の和菓子帖
日菓のしごと 京の和菓子帖 日菓(内田美奈子+杉山早陽子)
おすすめ平均
starsクスッときたりホッコリしたり
stars娘のお気に入り
stars非凡な言葉
stars今日のお茶菓子は京の和菓子にしたいな
stars前々から気になってた2人の作品集。
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top