Home / 京都旅行記 / かわいい京都土産5アイテムで女子力アップ!

Mar
21
2015

かわいい京都土産5アイテムで女子力アップ!

京都旅行の楽しみのひとつが、お土産選び。
京都のお土産はラインナップが豊富な上にレベルが高くて、ワクワク度が違います。
特に、女性にうれしいお土産がいっぱい。
せっかくなら、お土産屋さんでテキトーに選ぶんじゃなくて、京都ならではのお気に入りを見つけちゃいましょう。
そこで今回は、シュクルがセレクトした女性におすすめの京都みやげを紹介します。

- スポンサードリンク -

京都限定女子力アップお守り

京都は、由緒ある神社やお寺がたくさんある街です。
それぞれの寺社には、京都ならではのかわいい御守りがたくさんあります。
まずはその中の、シュクル厳選・女子力アップお守りを紹介。

河合神社・美志守と鏡絵馬

まずは、下鴨神社の摂社・河合神社の「美志守(うつくしまもり)」。
「うつくしまもり」は、全国たくさんの神社にあるのですが、この河合神社はなんといっても「女性守護・日本第一美麗神」がおはします神社。
御祭神は玉依姫命(タマヨリヒメノミコト)で、美容・安産・育児・縁結びなど、女性にとって霊験あらたかな女神さまなのです。
河合神社の鏡絵馬と「美志守」で、女子力アップまちがいなし。

上賀茂神社・斎王代キティちゃんお守り

それから、上賀茂神社の斎王代キティちゃんお守り。
巫女として神に仕える皇族の姫を「斎王」と言い、斎王がお仕えするのは伊勢神宮と賀茂神社だけ。
だから、この斎王代キティちゃんお守りは上賀茂神社限定のレアもので、お土産にもらったら喜ばれること間違いなし。
見ただけでハッピーな気分になりそうな幸運守りです。

関連記事 京都で見つけたかわいいお守り

「永楽屋細辻伊兵衛商店」の手ぬぐい

京都で最近人気のおみやげと言えば、手ぬぐい。
「永楽屋細辻伊兵衛商店」は、織田信長の御用商人として活躍し、江戸時代初期の元和元年(1615年)に綿布商として創業した老舗の手ぬぐい専門店です。

伊兵衛ENVERAAK・四条店

ここの手ぬぐいは、絵柄がおもしろいのが特徴。
京都の名所、舞妓さん、歌舞伎のような京都らしいモチーフや、富士山や桜のような日本的なもの、バレリーナやモガのようなモダンな柄など、幅広いラインナップ。
スキーをする舞妓さんとか大胆で個性的な柄が多くて、普通の手ぬぐいとは一味違ったテイストです。

「ええだるま」と「ころころパンダ」

今回の京都旅行で購入したのは、「ええだるま」と「ころころパンダ」の手ぬぐい一本1,944円。
どっちもかわいくてユーモラスで、ほっこり。
永楽の生き物系の柄には、はりねずみとか猫とか、かわいいものがたくさんあって、おすすめです。
本当は「ねこダンス」の手ぬぐいが欲しかったのですが、このお店には置いてなかったみたい。
今回立ち寄った「伊兵衛ENVERAAK 四条店」は、手ぬぐいもありますが、基本は風呂敷専門店。
永楽屋の関連店舗は京都に12もあり、それぞれ扱う商品が違っているので、お目当ての商品がある場合は調べてから行く方がいいみたいですね。

「かづら清老舗」の椿油

京都コスメをリサーチしていて気になったのが、慶応元年創業「かづら清老舗」の椿油。
椿油は天然保湿因子のオレイン酸が多く、高い保湿成分があり、水分の蒸散を防いで紫外線からも髪を守るということで、昔から髪によい油として日本女性に愛用されてきた美容アイテムです。
ちょうど嵯峨野の御髪神社で献髪祈願もしてきたし、「かづら清老舗」祇園店に行ってみました。
お店は、四条通りの端っこ、八坂神社がもう目の前に見える場所にあります。

かづら清老舗・祇園店

椿油を使ったヘアケア商品とスキンケア商品がたくさんあって、いろいろお試しもできます。
使ってみたい商品がたくさんあったのですが、初めてなのでベーシックアイテムにしようと思って、「かづら清 国内産椿実 特製つばき油」を購入。
国内産の完全無農薬、化学肥料や除草剤を使わない土壌で育ったやぶ椿の実から搾った、100%純粋のつばき油です。

国内産純粋椿油

何種もの独自のフィルターで丁寧に製油してあるということで、べとつかず柔らかな感触のオイルです。
シャンプー前の地肌のマッサージにも、リンスにも、シャンプー後のトリートメントにも使えるというオールラウンダー。
しかも、顔のクレンジングにもマッサージにも美容液としても使えるという便利さ。
椿油独特の香りがあるので、マッサージの時にはたっぷりと、トリートメントは少しだけというように量を調節して使っています。
髪がしっとりするので、エアコンで乾燥しがちな季節には特に大活躍でした。

限定コラボ生八橋

八橋といえば、京都みやげの定番中の定番。
京都みやげとしての安定感は抜群で、老若男女からの支持は絶大です。

安定の京都みやげ

当たり前すぎてお土産としてはどうなの? と思う人もいるかもしれませんが、実は八橋はどんどん進化していて、むしろ新しい京都みやげとしてぴったりです。
中身は同じ生八橋でも、パッケージが凝っていたり、季節限定の八橋だったりで、行くたびに見たことのない八橋が登場しています。

限定コラボ八橋

「辻利」の宇治抹茶生八ツ橋のような八橋以外の専門店が作っている八橋などは、普通の八橋よりもお得感があって、お土産にぴったり。
また、老舗の「聖護院八ッ橋総本店」がプロデュースするビジュアル系八橋「nikiniki」の「皮はロゼ、中の餡はアプリコット」みたいな、おしゃれな八橋もあります。
みなさんも、自分のお気に入りの八橋をさがしてみてください。

「十六五」のハートもなか

祇園をぶらぶらしていた時に偶然みつけたのが、かわいいハート型の最中。
ウインドーにあるのを見て一目で気に入ったので、中に入ってみました。
場所は四条大橋の近く、八坂神社に向かう途中にある和菓子屋さん「十六五(とうろくご)」というお店です。

十六五

観光客向けというより、いかにも地元のお店という地味な雰囲気がいい感じ。
さっそくハート型もなかを注文すると、あんこは注文してから入れてくれて、個包装してもらえます。
4個入り777円で、日持ちは5日なので、お土産にぴったり。

ハート型がかわいい

皮はさくっと、あんこは上品な甘さで、美味しくぺろっといただきました。
それにしても、お菓子でもなんでも、ハート型になるとどうしてこんなにかわいくなるのかな。

もう京都なんて行かないなんて言わないよ絶対

こうしてお土産選びもすんで、夕暮れの祇園を後にします。
晩秋の京都は、真っ赤な紅葉・一面の散紅葉・錦秋の嵐山、すべてが予想以上の美しさでした。
何度来ても、新たな感動を味わえる街・京都。
次に訪れる時には、いったいどんな姿を見せてくれるのでしょうか。
そんな期待に胸をふくらませつつ、これにて弾丸京都旅行記・2014秋の終了です。
この後は新潟までの長い長い夜のドライブが待ってますが、それもまた京都旅行の醍醐味っていうことで。

次はいつかな?

もくじ 48時間!弾丸京都旅行記・秋

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:2

徐 恵玲 2015年7月 4日 22:49

あの すみませんが、上賀茂神社の斎王代キティお守りは 今ありますか?有難うございます。

サーチライト 2015年7月 8日 11:27

徐さん、コメントありがとうございます。
ちょうど京都へ出張に行ったドールマスター氏に確認してもらったところ、上賀茂神社の斎王代キティお守りはもう扱っていないそうです。
残念ですが、こればかりは仕方ないですね。

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top