Home / 関東旅行記 / 水澤観音の水沢うどんで心の疲れを癒してきた

Apr
20
2016

水澤観音の水沢うどんで心の疲れを癒してきた

今回の旅の締めくくりは、群馬県渋川市にある「水沢寺」
推古天皇の勅願によって開かれたとされる歴史ある古刹で、本尊の十一面千手観音にちなんで「水澤観音」とも呼ばれています。
伊香保の温泉街から車で10分とほど近く、伊香保温泉を訪れたときにはぴったりの周辺観光スポットといえるでしょう。
この「関東最強」とも呼ばれるパワースポットで、心の渇きを癒してきました。

- スポンサードリンク -

水澤観音で六道輪廻

水沢寺には、釈迦堂の前に無料の大駐車場があるので、そちらに車を停めて本堂へと向かいました。
大駐車場から本堂に向かう参道には茶屋が並び、連休中ということもあって賑わっています。
軒先で炙られている「焼きまんじゅう」が美味しそう。

水澤観音・本堂

「坂東十六番札所」として数えられる五徳山水沢寺は、推古天皇の時代に上野国司・高光中将が、高麗の高僧・恵潅僧正を招いて開山したのが創建とされています。
現在の本堂は、元禄時代に再建されたもの。
本堂に安置されている十一面千手観音は、高光中将の妻・伊香保姫の御持仏だったとされ、安産や子育てなど特に女性にとって絶大なご利益があるそうです。
残念ながら、秘仏であるため開帳はされていませんが。

水澤観音・六角堂

本堂から向かって右側には、「六角堂」というお堂があります。
六角堂には6体の地蔵尊が安置された回転台座があり、それぞれの地蔵尊は「地獄道」「餓鬼道」「畜生道」「修羅道」「人間界」「天人界」を司るとか。
おお、これはまるで乙女座のシャカ!
この台座を左にぐるぐるぐると3周まわすと、六道輪廻してセブンセンシズに目覚める...じゃなくて、願い事が叶うそうですよ。
サクサクと旅行記が書ける文才をください。

水澤観音・仁王門

観音菩薩こと観自在菩薩は、現生における最高最善の指導者で、あらゆる苦悩を除き、一切の生命を生かそうとする仏様。
世界はすべて観自在菩薩の光に照らされているので、私たちはその音を観じ、目に見えるものや心に感ずるものを一つ一つ生かそうとすれば、智力は次第に向上し、観音様の智力を顕現するようになるのだとか。
なるほど。
心が渇いているときには、ぜひ思い出したい教えです。

「日本三大うどん」水沢うどんを食べる

水沢観音の仁王門を下ると、門前町には「水沢うどん」の店がたくさん軒を連ねています。
この「水沢うどん」は、香川県の「讃岐うどん」、秋田県の「稲庭うどん」とともに「日本三大うどん」の一つ。
まあ、こういう「三大なんとか」の常として、三番目に挙げられるものには諸説あるんですけどね。

清水屋の「うむどん ざる」

私たちが立ち寄ったのは、仁王門から歩いてすぐのところにある「清水屋」というお店。
天正年間創業といわれる水沢うどん最古の老舗店で、全工程手作りにこだわっているとか。
うどんのメニューもこだわりの「うむどん さる(大・中・小)」1種類のみ。
水沢うどんはコシと弾力がある白い麺が特徴で、こちら清水屋さんのはつややかな光沢がある平たい麺。
風味豊かなゴマダレにつけて、つるつるとあっさり完食してしまう美味しさです。
まあ、ざるうどん中盛りだけで1,155円はちょっと高い気もするんだけど、そこは名物補正もあるから仕方ないか。
ごちそうさまでした。

ご当地限定おみやげダンボー!?

さて、帰り道、トイレ休憩で立ち寄った関越道・赤城高原SAにて。
ぶらぶらとお土産売り場を物色していると、胸に六文銭を描かれた見慣れた箱型ロボットが。
なにこれ?
ご当地限定おみやげダンボー?
くっ、またこんな悪いダンボー商法に手を出して!
これじゃまたダンボーで儲かって「よつばと!」を描かなくなってしまうじゃないか。
まあ、今回は13巻が発売されたことに免じて買ってしまいましたけど。笑。

真田幸村ダンボー

こうして、心を癒す群馬・老神温泉の旅も無事に終了。
半年ぶりに旅行記を書いたので、リハビリ代わりにもちょうどよかった気がします。
これでようやくスペイン旅行記に着手できるかな。
高崎・達磨寺で買ってきたダルマも、「スペイン旅行記成就」を祈願して開眼するのにぴったりだし。
とはいえ、あんまり集中しすぎてまた燃え尽きないように気を付けながら...と、すでに予防線を張っておきつつ。笑。

そんなわけで、
もえつきたりもしたけれど、私はげんきです。

関連記事 燃え尽き症候群とどう付き合うか

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top