Home / 北陸旅行記 / 秋の立山で絶景温泉トレッキング

Sep
24
2017

秋の立山で絶景温泉トレッキング

「今年の納涼旅行は山登り」
毎年恒例の納涼旅行ですが、今年は山小屋1泊登山に挑戦するつもりだった私たち。
9月のシルバーウィークに狙いを定めて仕事の予定を調整し、あとは天気に恵まれるのを祈るだけでした。
ところが、あいにく台風18号がシルバーウィークの日本列島を縦断し、1泊登山は断念せざるを得なくなってしまいました。
そこで白羽の矢が立ったのは、立山への日帰り登山。
そんなわけで、台風一過の秋晴れの中、立山登山に行ってきました。

- スポンサードリンク -

立山ってどんな山?

立山は、北アルプス北部に位置する立山連峰の主峰。
実際は「立山」という名前の山があるのではなく、雄山(おやま)・大汝山(おおなんじやま)・富士ノ折立(ふじのおりたて)という三つの峰がまとめて「立山」と呼ばれています。

右から雄山・大汝山・富士ノ折立

標高は、一番高い大汝山が3,015m、雄山が3,003m、富士ノ折立が2,999mと、すべて3,000m級。
3,000m級の山では最北端で、環日本海の最高峰でもあります。
氷河があったり、雷鳥の生息地としても有名で、まさに地球規模の大自然を感じる山と言っていいでしょう。
とはいえ、標高2,450mの「室堂」まではケーブルカーやバスでアクセスできるので、実質の登山は600mくらい。
初心者でもちょっと頑張れば登頂できる3,000m級なのです。

途中まではケーブルカーとバスで

また、立山は富士山や白山と並んで「日本三霊山」のひとつに数えられています。
雄山の山頂には越中国一之宮・雄山神社の本社が鎮座し、多くの登山者が頂上登拝する信仰の山でもあります。

雄山神社・本社

これだけの山ですから、神の山として信仰されるのも当然でしょう。
今回の立山登山は、一之宮めぐりもかねて雄山神社も参拝します。

立山日帰り登山の3つのプラン

立山周辺には山や湿原、湖などが複数あり、登山プランはいろいろありますが、主峰・立山をメインターゲットにした日帰り登山ということになると、プランは次の3つです。

1 立山頂上登拝+温泉コース(3時間50分)

室堂ー60分→一ノ越ー60分→雄山ー40分→一ノ越ー60分→みくりが池温泉ー10分→室堂

最も初心者向けなのは、室堂のバスターミナルから雄山に登って、ピストンで戻ってくるコース。
室堂から一ノ越までは緩いハイキングコースで、本格的な登山と言えるのは一ノ越から雄山までの往復だけです。
朝イチにスタートすれば時間的な余裕もあるので、みくりが池温泉で登山の疲れを癒すこともできます。

2 立山三山縦走+温泉コース(5時間00分)

室堂ー60分→一ノ越ー60分→雄山ー20分→大汝山ー15分→富士ノ折立ー15分→大汝山ー20分→雄山ー40分→一ノ越ー60分→みくりが池温泉ー10分→室堂

せっかく立山に登るのだから立山三山をすべて踏破して、ピストンで戻ってくるコース。
雄山~富士ノ折立の往復は傾斜の緩やかな稜線歩きなので、このコースもきついのは一ノ越から雄山までの往復だけです。
稜線歩きをするぶん、すこし時間的な余裕はなくなりますが、順調に行程が進めばみくりが池温泉で汗を流して帰ることもできます。

3 立山三山縦走+紅葉コース(5時間30分)

室堂ー60分→一ノ越ー60分→雄山ー20分→大汝山ー15分→富士ノ折立ー25分→大走り分岐ー80分→雷鳥沢ー40分→雷鳥荘ー20分→みくりが池温泉ー10分→室堂

立山の雷鳥沢は全国でも屈指の紅葉の名所としても知られています。
そこで立山三山縦走から「大走り」という下りルートを使って雷鳥沢の紅葉を見ようという欲張りコース。
ただし「大走り」は傾斜が急なガレ道なので、下りが苦手なシュクルだと、大幅にコースタイムを超過してしまう可能性もあります。
そうなると最終バスに間に合うかどうかギリギリのライン。
また、きつい下りの後、雷鳥沢から室堂までの登り返しもけっこう足に堪えるとか。
みくりが池温泉に前泊して早朝出発できるなら安心ですが、日帰りの場合はそれなりに健脚に自信のある人向けのコースかもしれません。

立山登山は以上の3コースが基本プラン。
いろいろ検討した結果、天候や時間、疲労度と相談しながら、当日決めるということにしました。

立山登山で揃えた装備

今回の新しい登山ギアは帽子。
最初は手持ちのものからスタートしたシュクルの登山装備ですが、徐々に登山用アイテムに替えていき、前回の谷川岳でついに「しまむら」の文字が消滅。
残るは「家にあった普通の帽子」のみ。
そこで先日、好日山荘に行って登山用の帽子を見てきました。
いろいろ試着して気に入ったのが、Marmot New Slouch Hat。

マーモット Marmot NEW SLOUCH HAT MJH-F7322
マーモット Marmot NEW SLOUCH HAT MJH-F7322

一番の決め手は、今の帽子に比べてつばが広いこと。
これだと顔がかなりしっかり日陰に入るので、UVカットの効果バツグンです。
中はメッシュで通気のための隙間もあるので、蒸れにくいのもいいところです。
あごで留める紐がついているので、風で飛ばされる心配がないのも決め手。
色は、登山ウェアとリュックの色に合わせたピンクで、コーディネイトもばっちりです。
難点を言えば防水加工でないことですが、そもそも初めから悪天候の時には山に登らないし、途中で降ってきたら雨具のフードがあるので、それで対処できそうなので、日よけ第一で購入を決めました。

もうひとつ、今回買ったのが手袋です。
今までは普通の軍手を使っていました。
単純に登山だけならそれで不満はないんですが、軍手だと写真を撮る時に不便で、いちいち軍手を外さなければならないのがとにかく煩わしい。
それで、「写真を撮るときに外さずに撮れて、尚かつ、指をしっかり守ってくれる手袋」というコンセプトで探しました。
そこで購入したのがモンベルのトレール・アクション・グローブ。

モンベル トレールアクション グローブ
モンベル トレールアクション グローブ

柔らかくてストレッチがきいているので、手にフィットして指が動かしやすいのが気に入りました。
手のひらと指先には滑り止め加工があり、さらにタッチパネル対応なので、デジカメ撮影にバッチリ!
厚手じゃないのに、裏起毛で温かくてはめてると気持ちいい。
これこれ!
こういうのが欲しかった!

というわけで、今回の山登り装備は以下の通り。

《服装》
靴...caravan C1-02S
靴下...mont-bell メリノウール サポーテックトレッキングソックス
ベースレイヤー...mont-bell WIC.ラグラン ロングスリーブT
ミドルレイヤー...mont-bell シャミースインナージャケット
アンダーウェア...スポーツブラ・スポーツショーツ
ボトムス...mont-bell ストレッチ O.D.スカート
サポートタイツ...mont-bell サポーテックタイツ
帽子...Marmot New Slouch Hat
手袋...mont-bell トレール・アクション・グローブ
その他...タオルマフラー
《持ち物》
リュック...deuter ヒュッテ30
雨具...MIZUNO ストームセイバーV レインスーツ
行動食...後述
水...いろはす(500mlペットボトル)2本、ポカリスエット1本
カメラ...オリンパスPEN
その他...ウェットティッシュ、スマホ、現金

これでいっぱしの山ガール完成です!

行動食+アミノ酸

今回の行動食は、前回の谷川岳とほぼ同じ準備でいきました。
前回の谷川岳登山で、ヤマザキの薄皮ミニパンが食べやすくて満足感があり、カロリー補給もできるので、山の行動食としてかなりスグレモノということがわかり、今回もそれがメイン。
あとは、定番のチーズアーモンドおかきや塩キャンディなど。
そして、今回新たに投入したのは、モンベルの「アウトドアサプリメント アミノサミット3500」。
前回の谷川岳登山で、翌日極度の筋肉痛になり、日常生活でヒーハーするはめになったサーチライトとシュクル。
日頃の運動不足のせいと言えばそれまでなのですが、少しでも筋肉痛をやわらげたい。
なんでも、アミノ酸を摂ると筋肉痛になりにくいということなので、今回、持っていくことにしました。
モンベルのアウトドアサプリメント アミノサミット3500は、疲労物質の分解、血流促進、筋肉痛の予防・回復、集中力upなどの効果があるとか。
水なしで飲めて、吸収が速いのも登山にぴったりです。

スニッカーズ...1本247kcalという高カロリーおばけも、登山では強い味方の非常食。
チーズアーモンドおかき...味も栄養も完璧な組み合わせ。
キャラメル...一粒300メートルのエネルギー。
塩キャンディ...塩分とミネラル補給で熱中症対策にも。
ラムネ...ブドウ糖でエネルギー補給とクエン酸で疲労回復。
ヤマザキ薄皮ミニパン...ぱくっと手軽に食べられて1個100kcal。口の中がパサパサしないところも登山向き。ちなみに、病気で食欲がなくても薬を服用する前に食べられることから、我が家では「病気パン」と呼ばれている。

もちろん、金曜日と土曜日には米もしっかり食べて「カーボローディング」です。

夜明け前、立山へ向けて出発

今回は帰りのバス時間に間に合うかどうかかなりタイトになりそうなので、初動で後れをとらないことが大切です。
木曽駒登山の時のような悲惨な目に遭わないように、朝イチのケーブルカーにちゃんと乗らないと。
まあ、今回は平日ですし、あんなことにはならないと思いますが。

夜明け前、新潟出発

立山までは約3時間30分のドライブ。
新潟を朝3:10に出発し、北陸道をひた走り、立山を目指します。

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top