Home / 中国四国旅行記 / 5つのテーマでめぐる山陰旅行記

Oct
25
2017

5つのテーマでめぐる山陰旅行記

「ゴールデンウィークが終わったので旅行に行こう」
ここ数年、私たちはゴールデンウィーク明けに仕事を休んで旅行をするスタイルが定着しています。
ゴールデンウィーク明けは、天気はいいし、混雑は少ないし、シーズン料金も格安だし、実はかなり効率の良い旅行シーズン。
そして何年かそういうスタイルを貫いていると、もう職場でもそういう人間だと理解を得られたりするので、意外とやり得な旅行術です。笑。
そんなわけで、2017年は5月17日から19日にかけて2泊3日の山陰旅行に行ってきました。
今回は旅行記のイントロダクションとして、このたびの山陰旅行の5つのテーマをまとめておきます。

- スポンサードリンク -

神社! 2年ぶりの一之宮めぐり

2009年から挑戦中の「ゆめのりょけん全国一之宮めぐり」
現在、57国の一之宮をめぐり、残るは11国となっています。
ところが、「一之宮めぐりのゴールは出雲大社で」というマイルールを課した結果、山陰道の一之宮は出雲大社と一緒に回るのが効率的だけど、そのためには先に離島を回っておかないといけないということになり、九州一周ラリーを終えてからずっと停滞していたのでした。
決して一之宮めぐりに飽きたわけではありません。笑。

2年ぶりの一之宮めぐり

そこでこのたび、今後の一之宮めぐりの予定を精査した結果、隠岐まで渡ることを考えると出雲大社とその他の山陰道を一息で回るのはおそらく現実的ではないということになり、それならば島根県以外の山陰道は先に回っておこうという結論に達しました。
かくして今回のメインテーマは、「出雲への道を拓く旅」です。
およそ2年ぶりのラリーで、丹波・丹後・但馬・因幡・伯耆の一之宮を目指します。

温泉! 城崎温泉と三朝温泉

先日まとめた木曽駒登山旅行記で紹介したように、下呂温泉での宿泊が思いっきり消化不良になってしまった私たち。
もっとちゃんと温泉でのんびりしたい。
特に温泉旅館の夕食はしっかり食べたい!
そんな思いを胸に、木曽駒以来の半年間を過ごしてきました。

城崎温泉

山陰道の温泉地といえば、真っ先に思い浮かぶのが城崎温泉。
「小説の神様」志賀直哉ゆかりの温泉宿に滞在して、ぶらぶらと温泉街を散策したい。
そして、せっかく鳥取まで行くなら、鳥取県の有名温泉地にも泊まっておこう。
もう鳥取まで行く用事なんて二度とないかもしれないし。笑。
そういうわけで、今回の宿泊は城崎温泉と三朝温泉のはしごです。

三朝温泉

しかし、これまでの経験上、ラリーをしながら温泉でのんびりというのは両立したためしがないわけで。
今回の旅ではc⌒っ゚Д゚)っズサーさんが登場しないことを祈るばかりです。

歴史! 川崎尚之助ゆかりの出石へ

2013年大河ドラマ「八重の桜」で、長谷川博己が演じた川崎尚之助の虜になってしまったシュクル。
先日まとめた会津旅行記での川崎尚之助へのディープな想いは読んでいただけたでしょうか?
しかし、そこで「マッサンばっかりの会津では話にならん!」という結論に達したシュクル。
自然、シュクルの想いは川崎尚之助の出身地・出石へと向かうこととなったのでした。

川崎尚之助の出身地・出石へ

幸い、出石には但馬国一之宮・出石神社が鎮座し、城崎温泉からも車で30分ほどと近いため、無理なく旅行の行程には入れられそうです。
果たして出石の地はシュクルの川崎尚之助愛を満たしてくれるのでしょうか。

名勝! 天橋立と鳥取砂丘

今回の目的地のひとつ丹後国一之宮・籠神社は、日本三景として名高い天橋立のすぐそばにあります。
ゆめのりょけんでは、これまで陸奥の松島と安芸の宮島に訪れているので、今回は日本三景コンプリートのチャンス。
考えてみると、日本三景の近くにはみんな一之宮があるんですね。

日本三景・天橋立

そして、鳥取まで行くとなれば、もちろん鳥取砂丘は外せないところ。
砂漠と見まがう広大な砂丘では、ラクダに乗る体験もできると聞いて、シュクルは「乗りたい、乗りたい、絶対に乗る!」と大興奮。
うるさい。笑。

鳥取砂丘

その他にも、天橋立から鳥取にまたがる海岸線は「山陰海岸ジオパーク」として知られ、美しい景観が広がる絶好のドライブコースです。
まあ、この辺は同じく日本海に住む私たちにはけっこう見慣れた光景で、あまり感動はありませんでしたが。笑。

お城! 世界遺産・姫路城へ

〇〇コンプリートといえば、今回は最後に残った国宝4城・姫路城を訪れるチャンスでもあります。
まあ、2015年に松江城が国宝に指定されたので、今は国宝5城に増えたんですけどね。
ともあれ、2009年から2015年までの「平成の大改修」で長らく待たされた姫路城を見学するチャンスがいよいよやってきたわけです。

世界遺産・姫路城

九州一周ラリーで「熊本城は次の機会にゆっくり」なんて言っていたら、2016年の熊本地震で大変なことになってしまったので、行きたい場所は行けるうちに行っておいた方がよいという教訓を学びました。
最終日は予備日として特に予定を入れていないので、順調に山陰道ラリーが進んでいれば、帰りに姫路まで寄り道して「白鷺城」をたっぷり見学できるはずです。

山陰道ラリー開幕!

旅の相棒として長らく活躍してきたフィットくんが2015年に退役し、新たな相棒としてN-WGNくんを加えた私たち。
しかし、N-WGNは軽自動車なので、2,000km級のラリーを敢行するには少々心もとない相棒です。
そこで今回は助っ人として、父からPeugeot 208を借りました。
今回のラリーの隠れ主役です。

Peugeot 208

かくして、「出発前に眠れないなら、寝ないで出発すればいいじゃない」というマリー・アントワネットの啓示を得て、サーチライトが仕事から帰ってきた5月16日22:30にそのまま新潟の自宅を出発。
弾丸京都旅行で通い慣れた深夜の北陸道をひた走り、翌17日の5:00にEXPASA多賀に到着。
ここで約1時間の仮眠休憩をとって、6:00すぎに最初のチェックポイント出雲大神宮へと向かいました。
いざ、2泊3日の山陰道ラリーの開幕です!

山陰旅行記のもくじ

  • 丹波国一之宮「出雲大神宮」に参拝
  • 丹後国一之宮「籠神社」に参拝
  • 日本三景・天橋立で股のぞきに挑戦
  • 但馬国一之宮「出石神社」に参拝
  • 川崎尚之助様が愛しすぎて出石に行ってきた
  • 尚之助さまの跡を訪ねて出石城下町へ
  • 城崎温泉「三木屋」宿泊記
  • 「文学の街」城崎温泉街を散策してみよう
  • 川崎尚之助と八重を結ぶ桜
  • 鳥取砂丘でラクダに乗ってきた
  • 因幡国一之宮「宇倍神社」に参拝
  • 鳥取駅前「すなば珈琲」でカフェランチ
  • 「因幡の白うさぎ」の舞台・白兎神社に参拝
  • 倉吉白壁土蔵群を1時間で散策する
  • 三朝温泉「橋津屋」宿泊記
  • 伯耆国一之宮「倭文神社」に参拝
  • 国宝4城めぐり・姫路城に行ってきた
  • 姫路城でかっこいい写真を撮る7つの撮影ポイント
  • 姫路城前「たまごや」で玉かけめしと穴子めし
ユピテル 7インチ ワンセグ内蔵オービス取締情報収録 ポータブルカーナビ
ユピテル 7インチ ワンセグ内蔵オービス取締情報収録 ポータブルカーナビ ユピテル
おすすめ平均
starsルートを外れた際の再ルート自動再検索...
starsコストパフォーマンスはかなり良い!
stars使いやすいです
starsカーナビ
starsユピテル7インチナビ
Amazonで詳しく見る

- スポンサードリンク -

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments:0

Comment Form

コメントは管理人の承認後に公開されます。

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド
記事への反応

back to top