Home / フランス旅行記

Apr
17
2012

ルーヴル美術館の鑑賞時間が2時間しかない人へ

ルーヴル美術館に訪れる機会に恵まれたとき、多くの人が考えるのは、「限られた時間内でルーヴル美術館の有名どころを一通りさっくりと鑑賞したい」ということじゃないでしょうか。
そもそも、ルーヴルを本気で観ようと思ったら、一週間あっても全然足りないわけですが、通常の短期旅行者がルーヴル見学に使えるのは、せいぜい半日か一日といったところでしょう。
そんな中で、何の事前準備もなくルーヴルに行くと、巨大な迷路の中でうろうろした挙句、見たいものも見れずに疲労困憊という事態になりがちです。
今回は、そんな事態にならないために、おすすめの一冊を紹介します。
みずからギャラリーを経営し、名画解説でも人気のある有地京子さんの著書「ルーヴルはやまわり―2時間で満喫できるルーヴルの名画」です。

» 続きを読む

Feb
24
2011

パリのお菓子屋さんめぐり

先日、書店でふと見つけた1冊。
タイトルは、「パリのお菓子屋さんめぐり」
もう、このタイトルだけで嫌な胸騒ぎがしましたが、中を見てがっくりと膝をついたシュクル。
以前、鹿島茂さんの「パリのパサージュ」を読まずに後悔したという記事を書きましたが、今回はその比じゃありません!
どおして、パリに行く前に、この本を読んでおかなかったの?
それは、私たちがパリに行った2009年には、まだ出版されてなかったから。
なんという悲劇! おおぅおおぅ・゜・(ノд`)・゜・

» 続きを読む

Dec
27
2010

超魔界パリ旅行記

こうして、サーチライトとシュクルの戦いは終わった。
ありがとう、フランス。ありがとう、パリ。
しかし、俺たちの戦いはまだ始まったばかりだ。
ゆめのりょけんの次回作にご期待ください。

» 続きを読む

Dec
24
2010

パリ旅行にかかった費用今回は、パリ旅行にかかった費用についてまとめておきます。
前回のパリ旅行では、シュクルに任せておいたら、どんぶり勘定でうやむやになったので、今回はツアー代金はもちろん、コーヒー1本に至るまで、漏らさず計上しました。
ですから、これが第2次パリ遠征で必要だったすべての出費です。
今回の決算を見て、パリの食費の鬼畜ぶりとか、ボディーブローのように効いてくるコーラの値段とか、忘れがちな海外旅行の諸経費とか、皆さんのパリ旅行計画の試算に役立てていただけたら幸いです。
1ユーロは140円で換算しています。

» 続きを読む

Dec
22
2010

シャンゼリゼ大通りのお土産屋さん今回は、パリで買ってきたお土産の中から、お気に入りをいくつか紹介していきます。
新婚旅行だった前回のパリ旅行とは違い、今回はこっそりパリに行ってきたので、人にあげるお土産は最小限におさえました。笑。
ていうか、今回は自分たちがパリを満喫するのに精一杯で、あんまり人のことを考えている余裕はなかったのが正直なところ。
そんなわけで、今回のまとめは自分用のお土産が中心です。
人にあげる用のパリ土産については、好評だったパリのお土産ベスト10を参考にしてください。

» 続きを読む

Dec
20
2010

ココナッツチキンカレーパリから成田への復路は、およそ11時間のフライトです。
深夜便のメリットを生かし、帰国日にもかかわらず一日中フルに観光したので、機内食でお腹が満たされると、すぐに睡魔が襲ってきました。
ちなみに今回の機内食はとても美味しかった。
ふと、隣のシュクルがなにやら騒がしいので目を覚ましたら、「トイストーリー2」を見ながらジタバタしていました。
本当にトイストーリー好きだね。笑。
完全に眠気を覚まされたので、現在地を示すモニターを見ると、すでに機体は中国上空のようです。
いよいよ、旅の終わりが近づいてきました。

» 続きを読む

Dec
16
2010

パリで食べたスイーツのまとめ

パリといえば、有名パティスリーやパティシエが綺羅星のごとくあふれる街。
今回は、そんなドリームワールドで食べたスイーツをまとめて紹介します。
そもそも、パリのスイーツめぐりは、シュクル最大の楽しみ。
しかも今回は、「旅行記のためだから、ちょっと高くても仕方ないよね」という大義名分までありますから、ニコニコ顔で心待ちにしていたのでした。
ところが、印刷された旅行のしおりを見てびっくり!
非情なサーチライトは、こっそり「おやつは1日10ユーロまで」と書き加えていたのです。
鬼! 悪魔! 
はたして、そのミッションをシュクルは遂行できるのでしょうか?(←フラグ)

» 続きを読む

Dec
13
2010

間違えたね?我々のパリ旅行記も、ついにシャルル・ド・ゴール空港を飛び立ち、成田到着を待つばかりになりました。
充実した滞在のおかげで、今回のパリ旅行で撮影した写真の枚数は、2人合わせて約2,500枚にもなっていました。笑。
もちろん、撮影した写真は旅行記の中でできる限り使うようにしてきましたが、スペースの都合や話の展開上、使いたくても使えなかった写真もたくさんありました。
そこで、成田に着くまでの間に、それらの中から何枚かを、走馬灯のように振り返っておきます。

» 続きを読む

Dec
10
2010

夜のシャルル・ド・ゴール空港ブラッスリーでパリ最後の食事をとった後は、メトロでホテルに戻り、ロビーでH.I.S.の空港送迎バスを待ちます。
ちなみに、ホテルに預けていた荷物を受け取ったシュクルは、フロントの男性に「マドモワゼル」と言われてごきげん。
大人の街パリで、いい年して「マドモワゼル」って言われるのって、もしかして馬鹿にされてるんじゃないの?
そうこうしているうちに、送迎バスがやってきて、いよいよパリともお別れです。
送迎バスは、私たちのホテルが最後の順番だったらしく、車内で帰国手続きの説明を受けながら、1時間ほどでシャルル・ド・ゴール空港に到着しました。

» 続きを読む

Dec
08
2010

シェ・クレマン(オペラ店)我々のパリ滞在時間も、残りわずかとなってきました。
空港への送迎車がホテルに来るまでの間が、自由に動ける最後の時間です。
観光用オープンバス、ロープン・トュールやレ・カー・ルージュに乗ってパリの街を眺めるのもいいね...なんて話していたのですが、だんだん暮れて行くパリの街は、ちょっと肌寒くなってきました。
お腹も空いたし、空港に行ったらもう飛行機に乗るだけだし、いろいろ相談の結果、ここでパリ最後の食事をとることに決定。
もう疲れてお店を探すのに歩きまわりたくなかったので、オペラ座近くのブラッスリー「シェ・クレマン」に入ることにしました。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top