Home / 関東旅行記

Dec
04
2013

オーパヴィラージュで癒しのバカンス

新潟を出発すること15時間、日本海から日本列島を横断し、太平洋を望む房総半島の最南端・館山にやって来ました。
今日の宿泊は、館山の「オーパヴィラージュ」
海辺の隠れ家的なプチホテルです。
ゆめのりょけんでは、今までたくさんのホテルや旅館に宿泊してきましたが、ここは間違いなくトップ3に入ります。
それくらい、すばらしかった!
そんなオーパヴィラージュの魅力を紹介します。

» 続きを読む

Dec
01
2013

安房国一之宮・安房神社に参拝

房総フラワーラインを下に下に走って行った房総半島の最南端に、安房の国一之宮・安房神社(あわじんじゃ)があります。
背後にこんもりとした青い山、青々としている桜の並木、その中の真っ白な鳥居が爽やかな初夏にぴったり。
海に近い安房神社は、海路を渡ってはるばる南国からやってきた神様を祭った神社なのです。

» 続きを読む

Nov
28
2013

道の駅・ローズマリー公園でひと休み

玉前神社の参拝を終えて次に向かったのは、ローズマリー公園。
九十九里浜からずっと下、房総半島のかなり先っちょの南房総市丸山地区にある道の駅です。
房総半島ラリーを企画した時に、いろいろ検索していてシュクルのアンテナにびびっときた道の駅。
写真を見て、もう絶対ここに行きたい!と旅の予定に入れてもらいました。
ヨーロピアン好き女子必見の道の駅を楽しむポイントを紹介します。

» 続きを読む

Nov
25
2013

上総国一之宮・玉前神社に参拝

九十九里浜の長い海岸線をドライブすること約2時間、国道228号線で房総半島の内側に切れ込んでいくと、上総の国一之宮・玉前神社(たまさきじんじゃ)があります。
海近くていとおもしろき上総の地の一之宮は、やはり海に縁のある神様を祀る神社です。
玉前神社の御祭神は、玉依姫命(たまよりひめのみこと)。
御本人自体は地味な存在なのですが、日本の歴史上重要な女神様なのです。

» 続きを読む

Nov
22
2013

九十九里倉庫の焼きハマグリが美味しすぎた

九十九里浜といえば、有名なのが潮干狩り。
となれば食べておきたいのが、アサリ or ハマグリ。
調べてみると、九十九里浜周辺には、焼きハマグリを食べられる店がいくつかあるようです。
そこで、この日の昼ごはんは、焼きハマグリに決定!
県道30号線・九十九里ビーチロード沿いにある海鮮料理の店「九十九里倉庫」で、新鮮な海の幸をたっぷりいただいてきました。

» 続きを読む

Nov
20
2013

下総国一之宮・香取神宮に再参拝

常陸国一之宮・鹿島神宮を参拝した後は、いよいよ千葉県に入り、千葉県香取市にある下総国の一之宮・香取神宮に参拝します。
かつては、「神宮」と呼ばれる神社は、伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮の三つだけでした。
神武天皇の時代に創建されたと伝えられる香取神宮は、それだけ特別な神社ということになります。
しかも、鹿島神宮と香取神宮は利根川を挟んだ非常に近い所に鎮座しています。
それもそのはず、香取神宮は鹿島神宮とともに日本の国の成り立ちと深い関わりのある神社なのです。

» 続きを読む

Nov
18
2013

常陸国一之宮・鹿島神宮に再参拝

あづま路の道の果て・常陸国の一之宮は鹿島神宮。
茨城県鹿嶋市にあり、20万坪もの広大な敷地に鎮座する東国有数の神社です。
御祭神は日本神話で最強とも名高いタケミカヅチで、勝負運・交渉運・武芸向上に特に御利益があるとされています。
実のところ鹿島神宮は、4年前の2009年、一之宮めぐりを始めたばかりの頃に、サーチライトが一人で参拝し、御朱印も既にいただいてあります。
ただ、当時の参拝記は結局書かずじまい、また一之宮めぐりがここまできた以上、やっぱり夫婦そろって参拝しておこうということで、改めての再参拝となりました。
この日はすっきりと晴れ上がり、朝日に照らされた緑が眩しい早朝の境内に足を踏み入れます。

» 続きを読む

Nov
16
2013

初夏の房総半島ドライブラリー

2013年のゴールデンウィークは、つつましくブログを書きながら過ごした私たち。
「ゴールデンウィークの旅行は割高だし、近場で遊んで爆アド」と言ってはみたものの、やっぱりどこかに出かけたい。
そんな折、5月20日の月曜日に2人の休みが重なって、日曜~月曜でどこかに行けるチャンスができました。
となれば、やっぱり全国一の宮めぐりでしょう!
今回目指したのは、あづま路の道の果てよりもなほ奥つ方、房総半島。
常陸国から下総国・上総国・安房国を巡って武蔵国へ。
房総半島をぐるりと一周、1泊2日のドライブラリーです。

» 続きを読む

Oct
25
2013

伊香保温泉の石段街をぶらぶら歩き

伊香保温泉と言えば、有名なのが石段街。
365段あると言われている石段の脇には、たくさんのお店や旅館が軒を連ね、見ているだけでもわくわくします。
チェックアウトを済ませたら旅館のフロントに荷物を預けて、石段街ぶらぶら歩きに出発。
昨日の夜は寒すぎて温泉街散策を早々に切り上げたので、今日は石段の一番下から一番上まで、ゆっくり楽しんできました。

» 続きを読む

Oct
22
2013

伊香保温泉「岸権旅館」宿泊記

伊香保温泉は、温泉の多い群馬県の中でも、草津温泉と並んで有名な温泉。
365段の石段が続く温泉街は、テレビや映画でもおなじみです。
万葉集にも登場するほど歴史が古く、避暑地として賑わった明治以降は、徳富蘆花、与謝野晶子、田山花袋、夏目漱石、島崎藤村、萩原朔太郎、竹久夢二、斎藤茂吉、村上鬼城といった多くの文人に愛された温泉地でもあります。
今回泊まったのは、伊香保温泉の老舗中の老舗「岸権旅館」。
日本有数の名湯と老舗旅館の良さをたっぷり紹介します。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top