Home / 関東旅行記

Aug
12
2011

眠り猫の小皿(非売品)楽しかった日光旅行も無事終了。
1泊2日にしては盛りだくさんの予定でしたが、美しい名勝や世界遺産、歴史ある建造物など、見どころ満載でしたし、ゆっくり温泉につかって、地元の名物もたっぷり味わうことができました。
何より、家族そろっての旅行というのが、本当に楽しく、大満足の日光でした。
そんな楽しい旅の思い出とともに持ち帰ったのは、日光のおみやげの数々。
さすが日本有数の観光地だけあって、お土産も豊富にそろっていました。
その中で、お手ごろ価格のおすすめ日光みやげをまとめておきます。

» 続きを読む

Aug
08
2011

日光金谷ホテル外国人の避暑地として発展してきた日光には、長い洋食の文化があります。
そのため、日光にはおしゃれな洋食レストランがたくさんありますが、その中でも特に有名なのが日光金谷ホテルでしょう。
明治創業で日本最古のリゾートホテルと言われる日光金谷ホテルのレストランでは、大正時代のレシピを再現した「百年カレー」や「大正コロッケット」など、伝統のメニューを味わうことができます。
そんなわけで、今回の日光旅行の締めくくりは、日光金谷ホテルでランチです。

» 続きを読む

Aug
05
2011

日光田母沢御用邸東照宮から徒歩10分ほどのところに、大正天皇の皇太子時代の静養所であった田母沢御用邸があります。
明治天皇・大正天皇がご利用になり、今上陛下も疎開のため一時滞在なさっていました。
戦後、御用邸が廃止され、現在は栃木県の所有となり、本邸と庭園を含めた12,000坪の土地が、日光田母沢御用邸記念公園として公開されています。
東照宮と二荒山神社に参拝し、江戸幕府と古代神話という歴史を感じた後は、日本の歴史を貫くもうひとつの大きな柱、御皇室の歴史の一端を味わいに行ってきました。

» 続きを読む

Aug
02
2011

日光二荒山神社日光東照宮を見学した後は、隣にある日光二荒山(ふたらさん)神社に移動です。
日光二荒山神社は、日光東照宮が創建されるまでは日光山信仰の中心だった神社で、そもそも「日光」という地名の由来は、「二荒」を「にっこう」と読んだものだとか。
「二荒山」とは、日光にそびえる標高2486メートルの男体山のことで、この男体山に鎮座する山の神様を祭ったのが、この神社の原型のようです。
日光二荒山神社は、「二荒霊泉」や「縁結びの笹」のある神苑には拝観券(200円)が必要ですが、本殿・拝殿のある境内は無料で参拝できます。

» 続きを読む

Jul
30
2011

眠り猫ミステリー日光東照宮で、三猿と並んで有名な彫刻が、国宝・眠り猫です。
奥社への参道入り口の長押に施された、小さな猫の彫刻。
伝説の名工・左甚五郎の作と伝えられるこの猫は、白黒模様で、目をつむって眠っているような、瞑想しているような姿をしています。
日光東照宮には、5000を超える彫刻があるそうですが、猫の彫刻はこれだけ。
しかも、眠っている猫は全国でも珍しいそうです。
では、この猫はなぜ眠っているのか?
その謎を、ミステリーハンター・シュクルが追いかけます。

» 続きを読む

Jul
24
2011

見所満載の日光東照宮をまるっと参拝する日光旅行2日目は、いよいよ日光二社一寺の観光です。
「日光二社一寺」とは、日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺の総称ですが、その中心はやっぱり日光東照宮。
この日は普通の水曜日で、しかも限りなく朝イチに近いという理想的なスケジュールなので、混雑に巻き込まれることなく、ゆっくりと見て回ることができるでしょう。
天気もすっきりと晴れ上がり、写真を撮るにも絶好のコンディション。
これはきっと結構な日光が見れるに違いないと期待して、東照宮へ向かいます。

» 続きを読む

Jul
17
2011

花衣の館・日光千姫物語この日のお宿、日光千姫物語さんは、東照宮のすぐ近くにある、人気の和風旅館です。
人気宿だけあって、いつもの予算の倍くらいの宿泊費となりましたが、ネットの口コミ情報などを見ると、かなり評価が高いし、せっかくの退職祝い旅行なのだからと、思い切ってチョイス。
日光東武駅からタクシーで戻る時に、運転手さんに旅館名を告げたら、「いいところにお泊りですね。とても人気のある宿ですよ。」と言われました。
地元の人が言うのだから、これはやっぱり期待大です。

» 続きを読む

Jul
13
2011

日光千姫物語にチェックインいろは坂を下って戻ってきたら、ちょうどいい時間になっていたので、今晩宿泊するホテル・日光千姫物語にチェックイン。
ロビーでお茶を飲みながらチェックインの手続きをしていたら、弟カップルがぴったり到着し、これで全員がそろいました。
日光千姫物語は、東照宮まで徒歩5分という場所にあり、ホテルの周辺がもろに観光エリアになっています。
さすがに主要観光施設はそろそろ閉門ですが、せっかくの好立地、散策しないともったいない。
部屋に荷物を置いたら、夕食までみんなで日光の温泉街でもぶらぶらしてみることにします。

» 続きを読む

Jul
11
2011

日本三名瀑・華厳の滝「日本で一番有名な滝は?」と聞かれたら、「華厳の滝」と答える人が多いのではないでしょうか。
それくらいメジャーな日光華厳の滝は、茨城県「袋田の滝」、和歌山県「那智の滝」と並んで、日本三名瀑と言われています。
中禅寺湖から流れる大谷川にある滝で、高さ97mの断崖から一気に流れ落ちる姿は、テレビや写真でも目にしたことがあるでしょう。
そもそも日光には四十八滝といわれるくらい滝が多いそうですが、なんと言っても親分格は、この華厳の滝。
この日はエレベーターに乗って、華厳の滝を間近で観覧します。

» 続きを読む

Jul
07
2011

下はまだ紅葉も残っていました新潟から日光までは、磐越道と東北道で280km。
こないだ訪れた金沢や諏訪までが300kmですから、こうしてみると意外に近くてびっくりです。
ていうか、新潟県が南北に長すぎるんだよね。笑。
今回は、両親の車で一緒に日光まで行って、東京に住む弟カップルとは現地で合流です。
途中、磐越道といえばおなじみの磐梯山SAで朝食を食べたりして、お昼前には日光に到着。
宿泊先のホテルに車を停めさせてもらい、さっそく日光観光スタートです。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top