Home / プラハ旅行記

Jul
02
2012

プラハのトイレを攻略する

こんにちは。三度の飯よりトイレが大事なシュクルです。
今日のテーマはちょっと恥ずかしいけど大事な話。
ずばり、トイレについてです。
日本人が海外旅行に行った時、何が一番困るかというと、トイレじゃないでしょうか?
はっきり言って、日本のトイレの充実度は、質・量ともに世界屈指ではないかと思います。
そんな日本のトイレに慣れている日本人にとって、プラハのトイレはどうなのか。
快適なプラハ旅行のためのトイレ考です。

» 続きを読む

Jun
30
2012

チェルトフカ水路とカンパ島

マラー・ストラナ広場からヴルタヴァ川に向かうと、そのままカレル橋に出ます。
そのカレル橋のたもとに、カンパ島と呼ばれるエリアがあります。
チェルトフカ水路とヴルタヴァ川に挟まれたカンパ島は、「小さなヴェネツィア」と言われる美しい場所。
様々な顔を見せるプラハの街の、密かな人気スポットを散策します。

» 続きを読む

Jun
25
2012

聖ミクラーシュ教会がひどすぎる件について

プラハには聖ミクラーシュと呼ばれる教会が2つあります。
ひとつは旧市街広場、もうひとつはマラー・ストラナ広場に建っています。
今回紹介するのは、マラー・ストラナ広場の方の聖ミクラーシュ教会。
サンドベージュ色のシックな壁と、堂々とそびえ立つファサードは、ここが歴史ある格式の高い教会であることを物語っています。
だがしかし。
一歩、中に足を踏み入れると、そこには想像を絶する異空間が待ちかまえていたのです。

» 続きを読む

Jun
22
2012

観光客で賑わうネルドヴァ通り

フラッチャニの丘からヴルタヴァ川にかけての斜面には、「マラー・ストラナ」と呼ばれる城下町が広がっています。
プラハ城とカレル橋をつなぐネルドヴァ通りは、坂道にレストランや土産物屋が並び、いつも観光客であふれているマラー・ストラナのメインストリート。
プラハ城に向かう際には、城壁沿いの登城道も落ち着いた雰囲気で良かったけれど、やっぱりネルドヴァ通りも楽しそう。
そこで、ストラホフ修道院からの帰り道、にぎやかなネルドヴァ通りをてくてく散策してみました。

» 続きを読む

Jun
19
2012

ストラホフ修道院の世界一美しい図書館

図書館にはロマンがある。
過去の叡智の結晶たる書物を収集し、整理し、保存して、それらを未来へ引き渡す場所。
あるいはファンタジーRPGの世界なら、古代文明の図書館の遺跡から、価値のある蔵書を持ち出してきて、禁忌の呪文を覚えたり、失われた文明の技術を復活させたり、未来を示す預言を発見したり...。
そんな図書館にロマンを感じる人なら、ストラホフ修道院は必見の観光スポット。
まさしくそこは中世ヨーロッパの叡智の殿堂です。
思い描いたファンタジーの光景を求めて、「世界一美しい」と称される図書室を見学してきました。

» 続きを読む

Jun
17
2012

ペトシーンの丘からプラハを展望

プラハの魅力はたくさんありますが、そのうちのひとつが高台から見る美しい街の眺望ではないでしょうか。
先日はプラハ城から街を眺めましたが、少し雨模様の天気が心残り。
この日は、午前中こそパラパラと小雨が降ったものの、午後からはすっきり青空が広がって、絶好のコンディションになりました。
そこで、この日は満を持して、プラハの絶景を求めてペトシーンの丘に登ってみました。

» 続きを読む

Jun
14
2012

BWPキンスキーガーデンにお引越し

プラハ滞在3日目。
これまでプラハ旧市街の一等地にあるウ・ズラテー・ストゥドニに宿泊したおかげで、プラハの街にもすっかり慣れた私たち。
もう自力で動き回れる自信もついたので、もう少し安いホテルへ引っ越すことにします。
目指すはスミーホフ地区にあるベストウエスタンプレミア・キンスキーガーデン。
お世話になったウ・ズラテー・ストゥドニの人たちに感謝を告げて、いざ新天地へ。
ちなみに、フロントのお姉さんは今日も違う美人でしたけど、これはオーナーの趣味なんでしょうか。笑。

» 続きを読む

Jun
11
2012

プラハのトラムの乗り方をマスターして快適観光

プラハ市内を縦横に走る路面電車・トラム。
古い街並みを走るレトロなトラム、新市街を走る新型トラム、どちらもおもちゃの電車みたいでプラハの街にぴったりです。
しかも、プラハのトラムは実力派。
パリではメトロが観光の足でしたが、プラハの街は小さいので、小回りの効くトラムがとても便利です。
市内中心部とホテルの間を行き来したり、ちょっと歩き疲れたときに利用して、車窓から街並みを眺めたり。
トラムを自由自在に乗りこなせると、プラハの観光がさらに捗ります。
そこで今回は、プラハ観光の主力となる乗り物、トラムの乗り方を紹介します。

» 続きを読む

Jun
06
2012

ウ・モドレー・カフニチュキで鴨料理を食べる

鴨料理というとフランス料理を思い浮かべる人が多いと思いますが、プラハも鴨料理は伝統の味。
なにしろプラハの人々は、ボヘミアの森とともに生きてきた狩猟民族ですから、狩猟で捕獲した鴨や兎などの食材「ジビエ」は、プラハの食文化の一つなのです。
そんなプラハの「ジビエ」を味わうべく、プラハの鴨料理の名店に訪れてみました。

» 続きを読む

Jun
03
2012

ヴルタヴァ川の水上の音楽

私たちをプラハへと誘った「プラハ迷宮の散歩道」。
その24ページに、ラベンダー色に染まる夕暮れのヴルタヴァ川の美しい写真があります。
「俺、プラハに行ったらこんな写真撮るんだ」と、日没の時間まで調べていたサーチライト。
この日の天気はどんより曇り空で、ときおり雨まで降ったものの、午後から天気も回復して、夕方には明るい空も見えるようになりました。
「これなら綺麗な写真が撮れそうだ」と、はりきってヴルタヴァ川に向かった2人。
しかし、そこにはまさかの展開が待ち受けていたのでした。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top