Home / 旅の相棒

Aug
09
2008

爽冷沖縄パインと爽冷マンゴー足繁く「ゆめのりょけん」に通っていただいている方には、おそらくもはや言うまでもないことだとは思いますが、私サーチライトは無類のアイス・イーターです。
ソフトクリームも、ハーゲンダッツも、かき氷も、ガリガリ君も、ガツンとみかんも、スイカバーも、アイスモナカも、ジャイアントコーンも、クーリッシュも、ピノも、皆それぞれ平等に愛していましたが、どうやら究極にして至高のアイスを見つけたようです。
それが上の写真、オハヨー乳業の爽冷沖縄パイン爽冷マンゴーです。

» 続きを読む

Jul
02
2008

イオンヘアドライヤーイオフィールスーパーモイストミニ ED801W(この記事はシュクルが執筆したものです。)
以前、クレイツマイナスイオンドライヤーを紹介しました(変圧器不要の海外イオンドライヤー)。
髪がつやつやになる私のお気に入り。
毎日愛用していたドライヤーだったのですが、先日、ショックな出来事があったのです!

» 続きを読む

Feb
15
2008

Canon EOS Kiss X2 ダブルズームキット旅行の相棒として、私がぜひおすすめしたいのが、デジタル一眼レフカメラです。
デジタル一眼レフカメラというと、高くて素人では手が出しにくいイメージがありますが、実際はそんなこともありません。
基本的な操作はコンパクトデジカメとほとんど同じですし、むしろ高性能である分、初心者でも素晴らしい写真を撮ることができます。
価格についても、最近は低価格化が進み、入門用カメラ本体と汎用性の高い望遠レンズを組み合わせても、8万円前後で入手できるようになっています。
今現在、購入を迷いながらこのページに辿り着いたのであれば、思い切って買ってしまうことをおすすめします。
これほど面白い玩具はなかなかありませんよ!

» 続きを読む

Feb
12
2008

Honda Fit我が家の愛車フィットくんです。
初代後期型1.3Aで、カラーはナイトホークブラックパール。
第一次函館遠征のMVPは、間違いなく彼だと言えるでしょう。
そもそも、今回の函館旅行のきっかけとなったJTBの3万円分旅行券も、彼を購入した際にHonda Carsから貰ったものですから、この車の存在なくして第一次函館遠征はありえなかったわけです。

» 続きを読む

Oct
19
2007

マルチボルテージトラベルポット

海外旅行では水道水(生水)は避けたほうが無難です。
衛生状態のよくない地域では、水を通じて病気が感染する可能性が高いので、決して生水を飲んではいけません。
また、日本の水はほとんど軟水ですが、ヨーロッパなどの海外では硬水の所が多いので、硬水に不慣れな人が飲用すると下痢を起こすことがあります。
ですから、海外の旅先で水を飲む時は、ミネラルウォーターか、一度煮沸した水を飲むのが鉄則です。

» 続きを読む

Oct
18
2007

愛用のクレイツマイナスイオンドライヤー(この記事はシュクルが執筆したものです。)
女性にとって、旅行先で無いと困るものの一つがドライヤーではないでしょうか。
パリ旅行では、ホテルにドライヤーがついているということだったので、持って行きませんでしたが、持っていくなら変圧器なしで使えるドライヤーがあると便利です。

» 続きを読む

Oct
17
2007

Panasonic Lumix DMC-FX7Panasonic Lumix DMC-FX7は2004~2005年のベストセラー。
週刊アスキーで絶賛されていたのを鮮烈に覚えていて、フランス旅行前にヤフオクで購入しました(落札価格15000円くらい)。
初めて手に入れたコンパクトデジカメでしたが、結論から言うと買って大正解。
いわゆる「お散歩カメラ」という感じで、常に持ち歩いてはあちこちの景色やスナップを撮りまくり、非常に重宝しました。
デジカメの良いところは、その場で出来栄えを確認できるので、失敗を恐れず撮れるところと、大容量の記録媒体さえあれば、枚数を気にせず撮れるところでしょう。
仮に容量が足りなくなっても、気に入らない写真を削除すればまたスペースを作れますから、旅の途中でフィルムがなくなって、後半の写真がほとんどないという悲劇もなくなります。

» 続きを読む

Oct
10
2007

この鞄の中にデジタル一眼レフが入っています海外旅行の街歩きには、斜めがけできるショルダーバッグが最適です。
肩から掛けるので両手が空きますし、リュックやデイバッグのようにわざわざカバンを外さなくても荷物が取り出せます。
リュックを背負っていると後ろが見えないので、スリにこっそり開けられる危険がありますし、ウエストポーチはスリの格好の的になりやすいと聞きます。
もちろんショルダーバッグだから安心ということではないですが、荷物の取り出しやすさやスリ対策を考えると、やはりショルダーバッグが一番便利ではないかと思います。

» 続きを読む

Oct
07
2007

コムサのキャリーバッグコムサイズムにて、旅行用のキャリーバッグを買ってきました。
購入したのは、黒のモノトーンのソフトキャリーバッグ。
価格は1500円前後と激安。
大きさはSサイズ(横305×奥行150×縦435)で、3辺の和が84cmですから、ほとんどの航空会社で機内持ち込み可能だと思います。
Mサイズ(横350×奥行180×縦510)だと、計算上は104cmですが、実寸サイズで機内持ち込みが断られることがあると聞いたので。
ちなみにLサイズ(横385×奥行210×縦610)だと、120.5cmでほぼアウトですね。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top