Home / 東北旅行記

Jan
17
2011

牛たん炭焼利久の牛たん焼【極】定食仙台の名物グルメといえば、やっぱり牛タン。
もともと今回の仙台旅行は、「ちょっとひとっ走り仙台まで牛タンを食いに行くか」という軽いノリで決まった弾丸企画なので、もちろん牛タンは食べないわけにはいきません。
そもそも、なぜ牛タンが仙台名物なのかと言えば、戦後まもない時代、牛タンの美味さに惚れ込んだ「太助」の初代店主が、仙台で牛タン焼きの専門店を開いたのが、そのルーツだそうです。
そんな仙台のご当地グルメを堪能するために、青葉城でのずんだ餅もそこそこに、お腹を空かせてやって参りました。

» 続きを読む

Jan
13
2011

青葉城は本当にがっかり観光地なのか杜の都・仙台を象徴する城として誰もが知っている青葉城。
仙台の中でも、観光客がひきもきらない人気スポットですが、実はそのネームバリューとは裏腹に、全国有数のがっかり観光地としても知られています。
青葉城のどんなところが、がっかりなのか?
がっかり観光地比べなら、春日山城という大物を持っている新潟県民としても興味津々。
これはぜひとも、がっかり度を比べてみたいもの。
やあやあ、青葉城! ここに、がっかり対決を申しこお~む!

» 続きを読む

Jan
10
2011

仙台・塩釜・松島旅行記月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。
魔界パリから帰還したサーチライトとシュクルでしたが、ゆっくり神にとりつかれて心を狂わせ、いつしか片雲の風に誘われ、ももひきの破れをつづり、デジカメを新調すると、松島の月まず心にかかりて、仙台日帰り旅行に行ってきました。
目的は、仙台の美味しいものを食べて、仙台の名所を観光しようという、美味しいところ取りの企画です。
ここで芭蕉翁にならって一句。
牛タンにずんだに牡蠣に萩の月

» 続きを読む

Oct
07
2009

第一次山形遠征決算表2009年7月12日19:00
帰りは福島飯坂ICから東北道→磐越道で約3時間のドライブです。
途中の東北道・安達太良SAに寄って夕食でも食べようと思いましたが、レストランの恐ろしいほどの大混雑を見て断念。
都会の人は、よくこんな混雑の中で食事する気になりますね。笑。
安達太良SAのお土産売り場はとても充実していて、人気の福島土産も一通り揃っています。
今年は生キャラメルケーキと福島桃のゼリーが人気商品ということで、この辺りを買っておきました。
今回はなんとなく食べませんでしたが、安達太良SA名物のえごまソフトもおすすめですよ。

» 続きを読む

Sep
30
2009

相馬野馬追「甲冑競馬」2009年7月12日16:50
メインの七夕賞も終わり、いつもなら「今日もいちにち楽しかったね!」と帰るところですが、この日はちょっと違います。
夏の福島開催もこの日で閉幕ということで、最終レース終了後に芝コースを一般開放し、福島県相馬市の伝統行事である相馬野馬追の甲冑競馬・エキシビションが催されるのです。
どちらもめったに経験できない貴重なチャンス。
佐藤錦の野望も潰えたことですし、もちろん観戦して帰ります。
ちなみに今回は最終レースもきっちり買って、前回のようには行きませんでしたが、ちょっぴりプラスも出ました。笑。

» 続きを読む

Sep
28
2009

福島競馬場2009年7月12日10:00
東北旅行2日目の舞台は山形から福島へ。
まあ、福島旅行と言っても、福島競馬場で七夕賞を観戦するだけですが。
赤湯温泉から福島市までは、思ったよりも近いです。
国道13号を50キロほどの距離で、時間にして1時間くらい。
予想以上に近すぎて、途中のコンビニで買ったコーヒーを飲む間もありませんでした。笑。
第一次福島遠征と同様、福島飯坂IC近くにある福島北警察裏の臨時駐車場に車を停め、シャトルバスで福島競馬場に向かいます。

» 続きを読む

Sep
23
2009

上杉の御湯御殿守2009年7月11日16:15
(この記事はシュクルが執筆したものです。)
この日の観光が大体終わって、いよいよお待ちかねの温泉に向かいます。
今回の宿は、山形県赤湯温泉にある上杉の御湯・御殿守(うえすぎのみゆ・ごてんもり)。
赤湯温泉は、米沢から車で30分程の距離にある山形を代表する温泉地で、中でも御殿守は、上杉家代々の別荘として、創業380年の歴史がある温泉宿だそうです。
予定では16:30にチェックインのはずでしたが、急いでゆっくりするために、15分も早く宿に到着してしまいました。

» 続きを読む

Sep
19
2009

旧米沢高等工業学校2009年7月11日15:00
(この記事はシュクルが執筆したものです。)
米沢の街に行ったら、ぜひ訪れたい場所のひとつが、旧米沢高等工業学校本館です。
上杉家にまつわる歴史的スポットが多い米沢の中にあって、明治の香りただようハイカラな建造物は、一見の価値があります。
場所は林泉寺から徒歩で数分の距離。
現在は山形大学工学部の施設として、様々な資料の展示室となっています。
見学は平日の午前9時~午後3時で、この日はあいにくの休日でしたので、外観だけの見学となりました。

» 続きを読む

Sep
16
2009

林泉寺2009年7月11日14:20
関が原の合戦後、上杉家が越後から会津を経て米沢に移封されたことで、新潟と米沢には浅からぬ縁があります。
今回、米沢を訪れてみて、その縁の深さを最も実感したのは、林泉寺と宮坂考古館を訪れたときでした。
林泉寺は上杉神社からも近く、徒歩でも20分弱の距離なので、散策気分で歩いて行くのもいいでしょう。
実際、林泉寺の駐車場はあまり広くないので、駐車スペースを見つけるのに一苦労でした。

» 続きを読む

Sep
12
2009

上杉家廟所2009年7月11日14:00
(この記事はシュクルが執筆したものです。)
米沢観光の後半は、上杉家廟所から再開です。
米沢観光と言えば、上杉神社、林泉寺、上杉家廟所が定番スポットですから、ここを外すわけにはいきません。
上杉家廟所とは、米沢藩主上杉家の墓所です。
上杉家廟所は、江戸時代の大名墓所の代表的なもので、国の史跡にも指定されています。
米沢では昔から「御廟」または「おたまや」と呼んで親しまれてきたそうです。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top