Home / 東北旅行記

Jun
28
2008

福島ソフトクリームロード今回、初の福島遠征に行ったわけですが、せっかく行くからには福島でしか食べられないようなご当地グルメも堪能しようということでネットでいろいろ情報収集してから出発することにしました。
今回は日帰りなので、軽いスイーツやお土産を探そうと思い、適当なサイトを見繕ってあとは妻に頼むことにしました。
最初は「え~、めんどいよう」と言って、たらたら見ていた妻が、突然「うわ~!」と、ものすごい食いつきを見せてメモを取り始めました。
どうやら何か気に入った食べ物を見つけたらしく、ここから妻のテンションは一気にヒートアップし、「あああぁ、あれ美味しそう~!」「おおおぅ、これも美味しそう~!」と、奇声を発しています。
その中からどうしても食べたいものをいくつか選び、立ち寄る場所の計画を立ててから福島に向かったのです。

» 続きを読む

Jun
25
2008

フルーツラインのさくらんぼ畑(この記事はシュクルが執筆したものです。)
福島は山形と並ぶさくらんぼの産地です。
夏の福島開催が行われる6月から7月初めにかけては、ちょうどさくらんぼの収穫期にあたり、まさにさくらんぼを堪能する絶好の機会と言えるでしょう。
というわけで、せっかく福島まで来たからには、本場のさくらんぼを堪能しないわけにはいきません。
まずは競馬場に行く前に、寄り道してさくらんぼの物色です。

» 続きを読む

Jun
21
2008

のんびり福島競馬場(この記事はシュクルが執筆したものです。)
シュクルです。
ダーリンの七夕賞観戦記にどうしても言いたいことがあります!
「七夕賞を当ててすっきりとは行きませんでしたが、非常に好感度の高い競馬場で、充実した一日を過ごすことができました」とか、綺麗に締めくくられていますけど、私の目には違います。

» 続きを読む

Jun
18
2008

福島競馬場今回の福島遠征の最大の目的は、福島競馬場で行われる七夕賞を観戦することでした。
七夕賞は、福島競馬場で行われる伝統の重賞競走で、初めての福島競馬場ならば、この機会をおいて他にありません。
福島は熱心な競馬ファンが多く、地元の重賞競走ということで、当日はたいへんな盛り上がりを見せていました。

» 続きを読む

Jun
14
2008

7月の福島はさくらんぼが盛り今回から数回に渡り、2007年7月8日に訪れた福島日帰り旅行の模様をレポートしていこうと思います。
新潟に住んでいると、福島=会津若松で、鶴ヶ城や五色沼あたりは結構行くのですが、その先の表福島まで行くのは初めてでした。
福島というと非常に地味なイメージがありますが、実は観光県として洗練されていて、新潟に比べれば一枚も二枚も上手です。
今回はメジャーな観光スポットには行かなかったのですが、福島の驚くべき実態を垣間見ることができました。

» 続きを読む

Feb
06
2008

斜陽館2007年7月24日15:25
(この記事はシュクルが執筆したものです。)
斜陽館は、太宰治の生家です。
一時は旅館になっていたこともありますが、今では国の重要文化財に指定され、太宰治記念館として公開されています。
太宰の生家は大地主で、父の津島源右衛門は青森県の多額納税者で貴族院議員でもあり、斜陽館はその父が明治40年に建てたものです。
敷地は680坪、周囲をぐるりとレンガ塀に囲まれた赤い屋根の洋風大邸宅で、部屋数は19、中心には15畳間が4つ、2階の洋間にはソファにシャンデリアがあり、今見ても壮観ですが、当時においては、まさに大御殿といった趣だったでしょう。

» 続きを読む

Feb
03
2008

トラックの運ちゃんが絶賛してたので買ってみた2007年7月24日14:00
フェリーは予定通り青森港に到着し、心配だった愛車の無事も確認したので(車内はものすごい温度になっていましたが)、これから再び長い長い東北縦断ドライブの始まりです。
が、まだ日は高く、せっかく青森を通るので、妻が前から行きたがっていた斜陽館に立ち寄ろうということになりました。

» 続きを読む

Information
  • twitter
  • rss
  • はてなブックマーク
  • Instagram
カテゴリー
タグクラウド

back to top