Home > パリ旅行の基本知識 > パリのスリから身を守る方法

パリのスリから身を守る方法

パリで最も多いトラブルは、スリの被害です。
幸運にも、私たちはまだスリの被害に遭ったことはありませんが、パリを訪れる日本人観光客は10人に1人以上という高確率でスリの被害に遭っているそうですから、次こそ我が身かもしれません。
メトロや人気の観光スポットには必ずスリがいるものだと、気を引き締め直しましょう。

スリの被害を避けるには?

とりあえず、私が気をつけているスリ対策は、とにかくスリの手の届くところに金目の物を入れないこと。
ポケットに財布を入れたり、口の開いたバッグに財布を入れておくというのは、自分を狙ってくれとアピールしているようなものです。
パリのスリは、ズボンのポケットくらいなら平気で手を突っ込み、バッグのジッパーくらいなら平然と開けて、金品をかっさらっていくものと決め付けています。

逆に、見た目に開けるのが難しそうなバッグは、スリの方から敬遠してくれるはずです。
ただでさえ開けるのが面倒そうなバッグに、これ見よがしに南京錠でもつけて、「盗れるものなら盗ってみろ」とバッグに語らせておけば、敵はもっとガードの甘い他の観光客に狙いを定めてくれるでしょう。

【関連記事】 スリに強い斜めがけバッグで海外旅行も安心 - ゆめのりょけん

もちろん、事あるごとに周囲やバッグに気を配り、「ちゃんと警戒しているよ」というオーラを放っておくのは基本です。

持ち歩く現金は最小限に

パリでスリの被害に遭う可能性が一番多いのは、ダントツで日本人だそうです。
なぜ日本人が狙われるのかと言えば、「警戒心が薄く、持ち歩く現金の額が多い」から。
まあ、同じリスクを冒すなら(警戒心が薄いので、リスクも軽減されているわけですが)、一度のスリで現金がたくさん手に入った方が美味しいと思うのは当然です。
しかも、日本人は見た目にわかりやすく、格好のカモというわけですね。

とはいえ、日本人という見た目はどうしようもありませんし、警戒心といっても、常に警戒しているのは普段からの訓練も必要ですから、一瞬の隙というのは避けられません。
そうなると、持ち歩く現金を減らすというのが一番簡単なスリ対策と言えそうです。

フランスはクレジットカード大国ですから、15ユーロ以上の買い物なら、ほとんどクレジットカードが使えます。
パリジャン・パリジェンヌたちは、そのあたりをよく心得ていて、普段の財布に入っている現金は20ユーロ程度だそうです。
パリでクレジットカードを使うには、必ずと言っていいほど暗証番号が必要ですから、多くの場合、被害は最小限にとどまります。
万が一、クレジットカードを使われても、盗難保険で補償されますから、その点でもクレジットカードの方が安全でしょう。

パリでクレジットカードを使う際の注意点

先ほども触れましたが、パリでクレジットカードを使う際は、暗証番号の入力が必須です。
日本ではクレジットカードの暗証番号を使うことはほとんどありませんから、パリに行く前に必ず再確認しておきましょう。
また、それに伴って、ICチップ付きのクレジットカードでなければ受け付けてくれない店もあるようです。
磁気読み取りの場合でも、日本のクレジットカードは磁気が弱くて使えないこともありますから、予備のクレジットカードは用意しておいた方がいいでしょう。
クレジットカードの国際ブランドは、VISAならほとんどの店で利用できます。
もちろん、クレジットカード会社の緊急連絡先を控えておくのはお忘れなく。

  • 「パリのスリから身を守る方法」をはてなブックマークに追加
  • 「パリのスリから身を守る方法」をGoogleブックマークに追加
  • 「パリのスリから身を守る方法」をYahoo!ブックマークに追加
  • 「パリのスリから身を守る方法」をlivedoorクリップに追加
  • 「パリのスリから身を守る方法」をdel.icio.usに追加
  • 「パリのスリから身を守る方法」についてTwitterでつぶやく

Home > パリ旅行の基本知識 > パリのスリから身を守る方法

このページのトップへ↑